본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

現代車グループ、米IIHSの衝突評価で安全な車「最多」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国道路安全保険協会(IIHS)が13日(現地時間)に発表した衝突安全性評価で、現代自動車グループがメーカー別「安全な車」最多選定の栄誉に輝いた。

IIHSはこの日、最も安全な車に付与する「Top Safety Pick+」と次に安全な車に授与する「Top Safety Pick」部門に現代車グループの17車種を選定した。

「Top Safety Pick」にはアバンテ(米国名エラントラ)、i30(エラントラGT)、ベロスター、ソナタ、コナ、ツーソン、パリセード、サンタフェ(以上現代)、K3(フォルテ)、ソウル、スティンガー、スポーテージ、ソレント、テルライド(以上起亜)が選ばれた。最も安全な車「Top Safety Pick+」には、ネクソ(現代)、G70、G80(以上ジェネシス)の3車種が選ばれた。

ネクソとG70はIIHSが定義した「優秀等級の前照灯(good-rating headlights)」をすべての仕様に搭載し、高い評価を受けた。現代車グループはグローバル自動車企業のうち最も多い17車種が「Top Safety Pick」または「Top Safety Pick+」に選ばれ、安全性を立証した。

IIHSは1959年に設立された非営利団体で、米国で販売された新車(年式変更含む)の衝突安定性能と衝突予防性能を毎年、総合的に評価して結果を発表している。安全性が最高水準の車には「Top Safety Pick+」等級を、良好水準の車には「Top Safety Pick」等級を与える。今年はそれぞれ23車種と41車種の計64車種を安全な車に選定した。

現代車グループ側は「今回のIIHS衝突評価で現代・起亜車、ジェネシスの高い安全性が改めて認められた」とし「今後も顧客の安全を最優先に考えるブランドとして定着するために努力していきたい」と伝えた。

今回の評価で「Top Safety Pick+」等級を最も多く受けた自動車企業はマツダだった。マツダは小型車(small cars)でMAZDA3セダン・ハッチバック、中型車(midsize cars)でMAZDA6セダン、小型SUV(small SUVs)でCX-3とCX-5が選ばれ、計5車種が最高等級を受けた。

詳細はIIHS「2020Top Safety Pick」ホームページで確認できる。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기