본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本、コロナ大混乱…初の死者発生、新たな感染者4人の感染経路は迷宮

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルスの集団感染が発生したダイヤモンド・プリンセス号に隔離された在日同胞の60代女性Kさん(写真右)が、夫と一緒にベランダに掛けた太極旗を持っている。ユン・ソリョン特派員

新型コロナウイルス感染者の初の死者が発生し、重症患者が続出し、タクシー運転手など感染経路不明の感染事例が13日だけで4件確認され、日本が「コロナパニック」状態に陥っている。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の対応で大変なときに弱り目に祟り目の様相だ。

新型コロナ感染者の初の死者は神奈川県在住の80代の日本人女性だ。

13日に死亡し、新型コロナ陽性は死亡後に判明した。

同日、死者の親族である東京の70代のタクシー運転手の感染も確認された。

千葉県の20代男性会社員、和歌山県の50代外科医の感染も確認された。

死者と新たに感染が判明した3人は4人とも最近の中国渡航歴がない。

加藤勝信厚生労働相は13日夜の記者会見で、死者などの感染経路を問う質問に「具体的な情報がない」という言葉ばかり繰り返した。

毎日新聞は「中国人または中国への渡航歴がある人と接触したかなど、感染経路が不明確な事例で、既に国内で感染の連鎖が起きている可能性が高まった」とし「国内の感染状況が新たな局面を迎えた」と分析した。

中国との接点が見られない感染者が発生したということは、かなり大きな規模で感染が広がっている可能性があるということだ。

特に東京都のタクシー運転手の感染は、新な恐怖を日本社会に拡散させている。

この男性は1月29日に発熱の症状が見られた後、3日に肺炎の診断を受け、6日に入院した。

発熱の症状が出た後は営業していなかったが、タクシーに乗るのが怖い乗客と乗客の減少が怖いタクシー業界がそれぞれ大きな衝撃を受けている。

新型コロナなどによる深刻な患者も増えている。200人を超える集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」乗客には感染者8人をはじめとする10人の重症者がいると読売新聞は報じた。

日本政府は14日から、80代以上の高齢の乗客のうち持病がある乗客や窓のない部屋に滞在中の乗客を優先的に下船させる方針だ。

安倍晋三首相は14日、出勤途中に死亡者の「心からご冥福をお祈りし、ご遺族にお悔やみ申し上げたい」と述べた。

続いて「自治体と連携して、検査体制の拡充、治療体制の充実を一層加速する。感染の拡大を抑えるとともに感染者の重症化防止に取り組んでいく」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기