본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

MP3プレーヤー「韓国天下」

「メディアエンターテイメント分野の世界的企業、ソニーにどうやって勝ったのかを集中的に聞かれました。満足しています」--。

MP3CDプレーヤー製造のベンチャー企業、レイコムの楊?準(ヤン・ドクジュン)社長はこの10日間、米国でプレスツアーを行った。

会社と新製品の「スリムエックス-アイリバー」をウォールストリートジャーナル、ワシントンポストなど米マスコミと、IDC、ガートナーグループなどコンサルティング企業に広報するためだった。

スリムエックスの米国内販売価格は約199ドル。ソニー製品の179ドルより高い。しかし米国内の市場占有率は30%にのぼる。レイコムが3台売れる間にソニーは1台しか売れなかった。レイコムの今年の輸出目標は前年比250%増の140万台。



世界MP3プレーヤー市場における韓国ベンチャー企業の活躍が目覚ましい。韓国は世界MP3プレーヤー市場で「生産技術宗主国」「世界最大輸出国家」待遇を受けており、世界市場の60%を掌握している。

IDCによると、昨年の世界のMP3プレーヤー全体普及台数は360万台(約3億ドル)。

このうち約200万台を韓国製が占めている。米ダイヤモンド、クリエイティブなどのベンチャー企業と日本のソニー、オランダのフィリップスなどが猛追しているが、2005年には32億ドル規模に成長すると見込まれるこの黄金市場で、まだ韓国ベンチャー企業を追い越すライバルは現れていない。

メモリーチップなど必要部品の大部分を国内で自給できるうえ、技術宗主国らしく数多くの技術特許を確保しているためだ。また携帯電話と同様、韓国特有のスマートなデザイン設計技術も消費者から好まれている。

サクセスストーリーは、セハン情報システムが1997年12月、世界で最初に携帯用MP3プレーヤーを開発して始まった。主役はM.P.マンドットコムの文光洙(ムン・クァンス)社長。文社長は当時、セハン情報システムの社長を務め、開発を指揮した。

彼は「コンピューターに内蔵されたMP3音楽を聴く携帯用機器を作れば必ずヒットすると考え、開発に取り組んだ」と語った。

このほか、コウォンシステム、デジタルウェイなど多くのベンチャー企業が高い技術力を持って製品を出しており、MP3プレーヤー市場における韓国の勢いは当分続く見通しだ。


この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기