본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「あってはならないこと」…日本、VANK制作の「東京五輪放射能パロディ」ポスターに反発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

菅義偉官房長官

韓国の民間団体VANKがこの夏の東京五輪・パラリンピックを控え聖火リレーの場面を放射性物質を運ぶようにパロディした内容のポスターを作ったことに対し日本政府が反発している。

日本政府報道官の菅義偉官房長官は13日の定例会見でこのポスターと関連した対応を尋ねた質問に、「現実とは全く異なる。あってはならないことだ」としてポスターの内容に強い不快感を示した。続けて「(日本)政府としては、そうしたことが二度と再びないようにありとあらゆる手段の中で強く抗議をしている」と付け加えた。

官房長官がこの問題に対する日本政府の立場を公開的に明らかにしたのは今回が初めてだ。

VANKは東京五輪の聖火リレーランナーが防護服と防毒マスクを着用して走る姿を描いたポスターを制作し、先月6日にソウルの在韓日本大使館新築工事現場のフェンスに掲示した。このポスターは2011年3月に起きた福島第1原発爆発事故の影響で7月24日に開会する東京五輪で放射能安全に対する懸念が提起されかねないというメッセージを盛り込んだものだ。

日本政府はこのポスターの内容が東京五輪と福島原発事故被害地域を揶揄するものだとし、韓国政府に懸念を伝えたという。8日の読売新聞によると、日本政府関係者はポスター公開後外務省と大会組織委員会が韓国政府と国際オリンピック委員会(IOC)に「福島と五輪をおとしめる行為で、エンブレムの無断使用も看過できない」との立場を伝えたという。エンブレムの無断使用はポスターに五輪マークが描かれたことを指摘したとみられる。

同紙はVANKが東京五輪・パラリンピックを控え原発事故による放射能汚染の危険があると喧伝しているとし、「民族主義的な若者らでつくる団体」と紹介することもした。

安倍政権は東京五輪・パラリンピックを東日本大震災の災害克服の業績を世界に知らせる機会にしようとしている。これに伴い、来月26日から121日間にわたり進められる日本国内の聖火リレーの出発地を東日本大震災直後に福島原発事故対応本部が設置されたJヴィレッジ(サッカー国家代表トレーニング施設)に決めた。また、福島産農水産物の安全性を広報するため五輪選手村に福島産食材を供給すると明らかにし議論を呼んでいる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기