본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WHO、クルーズ船の入港拒否を批判…「証拠に基づいた危険評価ない」

ⓒ 中央日報日本語版
世界保健機関(WHO)が新種コロナウイルス疑いにともなうクルーズ船の入港拒否を批判した。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は12日(現地時間)夜、スイス・ジュネーブWHO本部で開かれたメディアブリーフィングで「現在までクルーズ船3隻の通関が遅延されたり入港を拒否されりした」とし「証拠に基づいた危険評価はなかった」と指摘した。

彼は「『国際保健規則(IHR)』にしたがって船舶の自由な入港許可とすべての旅行客のための適切な措置の原則を強調するコミュニケ(共同宣言文)をIMOとともに発表する予定」と知らせた。

また、新型コロナウイルス拡散を懸念して韓国や日本など5カ国から入港を拒否されたクルーズ船「ウエステルダム号」の自国港への停泊と乗客の下船に同意したカンボジアに感謝の意を示した。さらに「個人や国家全体にレッテルをつけるのは対応を害するだけ」とし「今はレッテルでなく連携のための時間」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기