본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WHO事務局長「新型コロナの最初のワクチン、18カ月内に準備できる」

ⓒ 中央日報日本語版
テドロス・アダノム・ゲブレイェスス世界保健機関(WHO))事務局長は11日(現地時間)、新型コロナウイルス(新型肺炎)の最初のワクチンは18カ月以内に準備できる可能性があると明らかにした。

テドロス事務局長はこの日、スイス・ジュネーブWHO本部で開かれたメディア向け記者会見で「(ワクチン)開発に時間はかかるかもしれないが、その間私たちは無防備状態ではない」と話した。続いて「もしも我々が今、合理的で証拠に基づいた投資をするなら、新型コロナウイルスの発病を防ぐ現実的な機会を持つことができる」とし「もしもそうでなければ、はるかに多くの(感染)事例が発生し、はるかに高いコストを支払わなければならなくなるかもしれない」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기