본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

太永浩元駐英北朝鮮公使「北朝鮮船員の強制送還を見て挫折…議院活動を決心」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

太永浩元駐英北朝鮮公社(中央)が11日、国会で自由韓国党入党と4・15総選挙で地方区出馬を発表する記者会見を行い、黄教安代表と挨拶している。左はキム・ヒョンオ公認管理委員長。キム・ギョンロク記者

「自由を求めて北朝鮮から渡ってきたばかりの大韓民国国民も憲法機関である国会議員として堂々とその一翼を担当することができるということをお見せして大韓民国がどのような国なのかもう一度証明したいと思っています」

太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使が11日、直接明らかにした4・15総選挙への出馬の理由だ。彼はこの日、国会政論館で「大韓民国には私が北朝鮮の人権と北核問題の証人だったように、北朝鮮には自由民主主義と代議民主主義の証拠になるだろう」とした。

太公使が地方区で当選すれば脱北者出身の初めての地方区国会議員になる。比例代表では2012年セヌリ党議員になったチョ・ミョンチョル元統一教育院長(1994年脱北)がある。

北朝鮮外務省副局長を務めた太氏は駐英北朝鮮大使館で働いた2016年、家族とともに亡命した。太氏は「生涯を北朝鮮の外交官として活動してきた太永浩氏のような人物も大韓民国の憲法機関である国会議員として、大韓民国の国民によって直接選出される地域の代表者として働くことができえるという事実を北朝鮮の住民たちとエリートが確認する瞬間、われわれが望む真の統一は一歩ずつ近づくだろう」とした。彼は文在寅(ムン・ジェイン)政府の対北朝鮮政策については「自由民主的な基本秩序により統一政策が立案されて実践されるように取り組みたい」として「不幸にも現在の対北政策と統一政策はとんでもない方向に流れており大きな挫折感を感じた」と話した。

次は一問一答。

--現在の対北政策・統一政策に大きな挫折を感じたと話したが。

「最も大きく挫折感を感じたのは北朝鮮からここに下りてきた若者たちが犯罪者かどうかに先立って彼らを北朝鮮に送りかえした事実を見て大きく挫折した。このようなことを防ぐために議院活動をするべきだと思った」

韓国政府は昨年11月、亡命の意向を明らかにした北朝鮮住民2人が船で同僚船員16人を殺害したという理由で調査5日で板門店(パンムンジョム)に強制送還して人権侵害の論議を呼んだ。

--警護の問題は。

「政府の措置を全面的に信じて信頼していこうと思っている」

--北朝鮮に非核化の意志がないと見るか。

「私は一貫して北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権は絶対非核化に対する意志がないといった」

--出馬に対する家族の反応は。

「簡単な決定ではなかった。妻と子供たちは父が長い間考えた末に選択した決定だと尊重して積極的に応援すると話した」

太氏は出馬地域に対して「党の決定に従う」とした。韓国党の公認管理委はソウル江南(カンナム)地域に戦略公認する案を有力に検討している。この日、記者会見場を訪れた黄教安(ファン・ギョアン)代表は「心を込めてうれしく思う」と話した。

一方「大統合新党」(仮称)に参加する政党と団体は4・15総選挙の公認申請の窓口を自由韓国党の公認管理委員会に一元化することに11日、意見を集めた。これに伴い、韓国党公館委が13日から18日午前までこの政党・団体出身の公認申請を受けることにした。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기