본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

4月総選挙控えて…GSOMIA廃棄論、青瓦台で急浮上(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の文在寅大統領と日本の安倍晋三首相、中国の李克強首相が昨年12月24日(現地時間)、中国四川省成都杜甫草堂で開かれた韓日中協力20周年記念除幕式に出席した。文大統領(左)が安倍首相と別れのあいさつをしている。[写真 青瓦台写真記者団]

日本政府の輸出規制措置強化をめぐる韓日両国間の協議が、3カ月間にわたりこれといった進展がない中で、韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)内部から「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了」論が再浮上していると政府消息筋が11日、伝えた。

これに伴い、韓日はもちろん韓米間で防衛費分担金交渉に続きGSOMIAイシューによる外交葛藤が再演される可能性もあるとの指摘が出ている。外交部内には青瓦台の方針を懸念する雰囲気も一部あり、一歩間違えれば政府内葛藤に広まるおそれまである。

韓日および韓日米関係に明るい消息筋は、この日中央日報の電話インタビューで「最近、青瓦台内部から『このような状況なら、昨年11月に韓日産業当局間の交渉再開を理由に終了を猶予したGSOMIAを再び終了させるほかはないではないか』という主張が強く出てきており、青瓦台外交安保ラインを通じて外交部上層部に伝えられた」と明らかにした。

この消息筋は「今月6日の内信記者会見で出た康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の強硬発言も、このような青瓦台内部の雰囲気から影響を受けたもの」と付け加えた。

康長官は当時会見で「(終了猶予は)終了決定の効果を暫定的に停止させておいたもので、我々はいつでも終了効果を再稼働できる権利を持っている。国益に基づき、基本的に(権利)行使を行う」「輸出当局の対話があったが、我々が望んでいる昨年7月1日以前の状況(輸出規制以前の状況)に戻ったわけでは明らかにない」と述べた。GSOMIA終了は徴用判決に関連して押収された日本企業の財産現金化問題とともに韓日関係の雷管だ。

これに関連して、青瓦台関係者は「日本の態度変化を引き出しながら『予告された日』が来る前に良い方向で解決しようという脈絡で協議中であると承知している」と明らかにした。「予告された日」に関連して、この関係者は「三一節(独立運動記念日)にどんな形になろうと対日メッセージが出てくるはずだが、遅くとも3月中にはGSOMIA終了するかどうかを最終決定すべきだという雰囲気」と伝えた。

政府がGSOMIA終了を最終決定した場合、韓日関係だけでなく韓米関係に及ぼす影響が大きいため、外交部内外からは懸念の声も出ている。実際、先週米国ワシントンを訪問した金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は交渉が終盤を迎えている韓米防衛費分担金交渉の他に、GSOMIA終了問題も米ホワイトハウス側と話し合ったことが伝えられた。
4月総選挙控えて…GSOMIA廃棄論、青瓦台で急浮上(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기