본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国政府、日本・ベトナムなど6カ国対象「旅行最少化」勧告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国政府が新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、海外旅行を控えるよう勧告した。

キム・ガンリプ新型コロナ中央事故収拾本部副本部長(保健福祉部次官)は「中国のほか第3国を通じた新型コロナウイルス感染症の国内流入防止のために東南アジアなど患者発生地域への旅行を最少化してほしい」と述べた。

現在、外交部旅行警報制度で中国湖北省地域は「撤収勧告」(第3段階)、その他の中国地域(香港・マカオ含む)は「旅行自制」(第2段階)の旅行警報が発令中だ。旅行警報の最高等級の第4段階は「旅行禁止」。

この日、中央事故収拾本部は新型コロナウイルスの地域社会感染が確認される6カ国に対し、旅行と訪問を最少化するよう勧告した。6カ国は世界保健機関(WHO)が地域社会感染確認地域と規定したシンガポール、日本、マレーシア、ベトナム、タイ、台湾。また6カ国以外にも患者が発生した地域を訪問する場合、中央防疫対策本部が定めた感染病予防守則などを遵守し、人が集まる場所の訪問を控えるなど感染病の予防に万全を期してほしいと強調した。

患者発生地域は旅行最少化勧告の6カ国を含め、米国、ドイツ、フランス、英国、オーストラリア、フィリピン、カンボジア、インド、ネパール、スリランカ、カナダ、イタリア、ロシア、ベルギー、フィンランド、スペイン、スウェーデン、アラブ首長国連邦(UAE)など。

政府は新型コロナウイルス感染症患者発生および地域社会の感染が確認される地域に出国する人に海外安全文字メッセージ発送、海外安全旅行ホームページ公示、海外安全旅行放送などを活用して正確な情報を伝えることにした。また、旅行会社、空港および航空・船舶を通して各国の感染事例と海外旅行時の留意事項を案内し、大学などの国際セミナー出席自制、学生・教師の休暇中の海外旅行最小化、事業場の業務出張時の留意事項なども案内する計画だ。

中央事故収拾本部は中国以外の地域社会で感染が確認された国に対する旅行履歴情報を受診者資格照会(健康保険資格照会)、ITS(海外旅行履歴情報提供プログラム)、DUR(医薬品安全使用サービス)を通じて医療機関と薬局に提供する。キム次官は「今日からシンガポール、タイ、ベトナム、香港、マカオを訪問した入国者の情報が提供され、日本(2月12日)、台湾、マレーシア(2月17日)についても情報を順に提供する計画」と明らかにした。キム次官は「タイやシンガポールなど地域社会の感染が確認された地域を訪問した履歴があり、呼吸器などの症状がある人が医療機関と薬局を訪問する場合、管轄保健所などに申告するよう案内し、地域社会感染症伝播の可能性を遮断するのに役に立つだろう」と説明した。

続いて「現在、受診者資格照会、ITSなどを通じて多くの医療機関が旅行履歴情報の確認に積極的に参加している。10日基準で97.1%が情報照会をしている。医療機関内の感染を遮断し、地域社会の感染病拡散防止のために、すべての医療機関が旅行履歴情報の確認に参加してほしい」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기