본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【リセットコリア】中国依存のサプライチェーン多角化する契機にしなくては

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
反騰の兆しを見せていた韓国経済が新型肺炎に再び足を引っ張られた。新型肺炎の衝撃がさまざまなルートを通じて韓国経済に影響を及ぼしている。過去のSARSやMERSより感染力が強い上に無症状感染、第三国感染など多様な拡散経路による恐怖が経済活動を広範囲に萎縮させているためだ。誤った初動対応でひどい目にあった中国も一歩遅れて感染病との全面戦争を宣言したが、勢いは相変わらずで恐怖はウイルスより速いスピードで広がっている。

韓国と世界経済に及ぼす悪影響も大きくなっている。以前のSARSやMERSの時より被害規模がさらに広範囲に現れる可能性もある。まだ感染拡散の初期段階にもかかわらず専門家らはこの夏を超える厳しい長期戦になる可能性があると予告する実情だ。今回の事態が韓国経済に及ぼす影響の経路も多様だ。まず新型肺炎は韓国国内の核心製造業生産ラインを止めた。日本の半導体核心素材部品輸出中断にも耐えてきた状況でさらに痛い。中国中心のグローバルサプライチェーンの混乱が韓国経済に及ぼす衝撃が短期間にどれだけ厳しく現れるか、そのバリューチェーンの中で韓国経済がどれだけ弱い位置にいるのかを端的に示す例と言えよう。事態が長期化すれば問題はさらに深刻化するだろう。

何より懸念されるシナリオは今回の事態がこれまで累積されてきた中国のシステムリスクを危機に転移させる引き金になる可能性だ。今回の事態でなくとも中国は多くのリスクを累積させてきた。負債増加、内需景気沈滞、米国との貿易戦争などの影響で景気低迷が進み、製造業部門のデフォルトリスクが過去最大水準というのが一般的な評価だ。こうした状況で新型肺炎により数百万人の移動が制限されれば企業と生産ラインが止まり、ホテル・飲食店・小売店などサービス業と、さらには不動産市場まで危険が広がりかねない。中国は世界最大の製造工場であり、世界の生産量の6分の1を占めている。そして武漢と湖北省は中国のグローバルサプライチェーンの中心地域のひとつだ。武漢の蝶の羽ばたきが世界と韓国経済の嵐に発展しかねないつながりだ。

状況の厳しさを考慮するならば韓国政府の先制的で前向きな対策が要求される。何より伝染病拡散遮断が最優先課題だ。経済への影響最小化のために感染拡散防止は最善の対策だ。第三国感染、無症状感染、武漢からの入国者と患者接触者のうち足取りをつかめない相当数の感染可能予備者、7万人に達する中国と東南アジアからの留学生管理対策に総力を挙げなければならない。自国のウイルス拡散者には死刑まで取り上げながら韓国の入国制限に対しては強く不満を言う中国の二重性に右往左往している状況でない。

経済的対応も重要だ。SARSの時のように中国の成長率は急落する可能性が大きい。貿易・金融・人的交流を中心にした中国からの衝撃は世界的影響を避けられないだろう。広範囲な領域で中国と密接な関係を持つ韓国の場合、その衝撃はもっと大きく現れるほかない。短期的に被害企業に対する金融・税制支援を拡大する一方、予算早期投入と追加補正予算編成も当然考慮しなければならない。さらには被害の類型ごとに合わせた支援対策も講じなければならないだろう。長く見れば中国に対する依存度を減らす方策を探すことが重要だ。中国発の伝染病が周期的に繰り返し発生しているという点を考慮すれば低コストに執着して中国生産基地に依存する構造を根本的に変更しなくては生産ライン稼動中断のような衝撃はいつでも再発しかねないためだ。

シン・ヨンサン/韓国金融研究院選任研究委員

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기