본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国第1号国際観光都市になった釜山「2030万博誘致する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

釜山・海雲台海水浴場のすぐ前にそびえたつ101階建て高層ビル、エルシティの最上階から望む海雲台海水浴場。遠くに高層ビルが立ち並ぶマリンシティが見える。ソン・ボングン記者

釜山(プサン)市が国内初の国際観光都市に選ばれた。

仁川(インチョン)市との競争の末、文化体育観光部の初の公募事業「国際観光都市育成事業」対象都市に選定されたのだ。釜山市は「首都圏に対応する南部圏観光の拠点都市、世界の観光都市に成長する足場を作る」と決意を見せた。

文化体育観光部の朴良雨(パク・ヤンウ)長官は28日午前、政府ソウル庁舎別館で観光拠点都市育成事業対象地を発表した。国際観光都市には釜山、地域観光拠点都市には江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)、全羅北道全州(チョルラブクド・チョンジュ)、全羅南道木浦(チョルラナムド・モクポ)、慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)の4カ所が選ばれた。文化体育観光部は「釜山は基本的な観光インフラに優れ、我が国の新たなゲートウェイ都市として国際観光都市に発展する可能性が高いと評価された」と述べた。また、「海洋に面している地理的優位性と多様な祭り、歴史文化などをうまく生かせば、今後南部圏の国際ゲートウェイ都市として浮上することが期待できる」と評価した。

釜山市はこの日、国際観光都市選定に合わせて釜山を韓国観光の未来に育てるというビジョンを発表した。今年から5年間の核心事業・戦略事業・連携事業の3分野で57の細部事業について文化体育観光部が支援する500億ウォン(約46億円)に独自の予算1000億ウォンを加え、合計1500億ウォンを投入することにしたものだ。

まず、コアビジネスの分野33の細部事業に879億ウォンを投入する。コアビジネスは、国際的な観光都市育成基本計画とブランド戦略の策定、観光記念品の開発など、釜山ブランディング事業、海外メディア広告やドラマ撮影のサポートなど、広報?マーケティング事業などである。また、日常の観光になる海洋レジャー体験、コンテンツとウォーキングコースの開発、国際映画祭ガラショー商品開発などを推進する。

釜山型観光プラットフォームの構築など、革新的なスマート観光基盤の構築、公共交通機関の不便の改善など、便利な旅行環境の造成、釜山観光データ分析センターの運営など、釜山型観光の生態系作り、旅行文化の改善などの戦略事業(19細部事業585億ウォン)も推進する。シティツアーバス運営の改善、都市再生と連携した観光生態系作りなど5つの連携事業(36億ウォン)も推進する予定だ。

釜山市は国際観光都市事業が終わる2024年までに釜山を訪れる外国人観光客を現在の300万人から1000万人に、外国人観光客の再訪問率を現在の27.1%から60%に増やすという目標を提示した。また、観光関連の新規雇用1万件を創出し、2018年基準の国際会議都市12位から7位引き上げると付け加えた。

呉巨敦(オ・ゴドン)釜山市長は「国際観光都市に選ばれたことは、釜山が韓国観光の未来を担う国家観光戦略の核心として認められたということ」と「国際観光都市事業を2030ワールドエキスポ釜山誘致のための機会にしていきたい」と語った。また、「世界各国からいつでも直行便でアクセスできるグローバル路線を備えた24時間安全なゲートウェイ空港なくして釜山市が観光大国の大韓民国の未来を担うことは不可能だ」と述べ、東南圏のゲートウェイ空港に速やかに決定することを政府に求めた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기