본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国ジョンホプキンス大学、武漢肺炎の危険国を分析…1位タイ、4位は韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルス感染症である「武漢肺炎」確定患者が韓国内でも相次いで発生している状況で、韓国の潜在リスクが世界の最上位圏内にあるという研究結果が公表された。

米国ジョンズホプキンス大学のシステム科学工学センター(CSSE)が26日(現地時間)、ブログを通じて発表した「2019-nCoV(新型コロナウイルス)モデリング」の分析結果を見ると、韓国は武漢肺炎拡散危険の最上位23カ国のうち4番目に入った。

拡散憂慮が最も深刻な国はタイで、CSSEは計10人余りの確定患者が出るだろうと予想している。台湾は4~5人で2番目に危険な国と予想された。韓国は4~6人の確定患者が出ると予測された香港のすぐに後に続いた。CSSEのシミュレーション結果、韓国では今後3~4人の確定患者が出てくるものと推定される。

特に、CSSEの推定値は実際の確定患者数とほぼ同じような傾向を示している。26日を基準として、CSSEが予想したタイの確定患者数は10人だったが、実際は8人発生した。台湾、韓国など実際に確定患者が発生した13カ国ともにCSSEの最上位危険国家に含まれている。

CSSEは武漢肺炎発生国である中国との人的交流規模と空港を通じた飛行機の往来などのデータをベースに確定患者推定値をモデリングした。CSSEはブログで「最も危険度が高い13カ国および地域で(確定事例が)少なくとも1件以上報告された」と説明した。

また、CSSEは武漢肺炎の世界拡散に対する懸念を受け、確定事例を追跡してリアルタイムでアップデートするマップを提供している。このマップによると、27日基準で中国では4409人が確定診断を受けた。この他、香港・タイ(8人)とマカオ(6人)、オーストラリア・シンガポール・台湾・米国(5人)などが中国を除いて最も多くの確定患者が発生した国々だ。

韓国は日本、マレーシアとともに確定患者4人が発生し、フランス(3人)、ベトナム(2人)、カナダ(1人)などよりも多いと記録されている。

韓国政府は、中国湖北省武漢に滞在中の韓国人のうち、帰国希望者のために今月30日と31日にチャーター便を投じ、彼らを天安(チョナン)の公務員関連施設に一時隔離する計画を発表するなど国内拡散防止に総力を挙げている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기