본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

映画『南山の部長たち』の俳優イ・ビョンホン「少しも歪曲させないようにした」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

俳優イ・ビョンホン

韓国映画『南山(ナムサン)の部長』のイ・ビョンホンが実在人物を演じ、徹底してシナリオと資料に基づいて役づくりに集中したと話した。

イ・ビョンホンは15日午後、ソウル龍山区(ヨンサング)CGV龍山アイパークモールで行われた『南山の部長たち』メディア配給試写および記者懇談会で、「実在する人物を演じるほうが大変な作業であるということを切実に悟った。そのため監督が前もって準備した多くの資料と証言だけでなく、一人で探せる方法を選んだ」と明らかにした。

続いて「完全にそのような資料に寄り添って、シナリオに基づいて演じた。あるいは個人的な考えや感情を足し引きするようなことはしなかった。少しも歪曲させないようにした。シナリオに基づいて、その人物の感情を表現しようと思った」と強調した。

『南山の部長たち』は、1979年に第2の権力者と呼ばれた中央情報部長(イ・ビョンホン扮)が大韓民国大統領暗殺事件を行うまでの40日間の話を描いた映画。韓日両国で約52万部が販売されたノンフィクション・ベストセラーとなった『南山の部長たち』(邦題『実録KCIA―「南山と呼ばれた男たち」』)を原作としている。映画『インサイダーズ/内部者たち』のウ・ミンホ監督の新作だ。イ・ビョンホンが中央情報部長キム・ギュピョンを演じる。俳優イ・ソンミンががパク・トン役を、クァク・ドウォンが元中央情報部長パク・ヨンガク役を、イ・ヒジュンが大統領警護室長クァク・サンチョン役を引き受けた。22日韓国公開。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기