본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【噴水台】経済希望拷問、民心漁場管理=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
付き合っているわけではないが、異性に接近しては遠ざかるを繰り返して相手が自分のことを忘れないようにする恋愛用語が「漁場管理」だ。練りエサを巻いて異性を管理するという意味だ。

漁場管理で大切なのは「はっきりしない態度」だ。相手が誤解したり、未練を捨てて諦めないようにしたりする余地を与えることだ。いわゆる「希望拷問」だ。歌手パク・ジニョンが1999年に出したエッセイ集『ごめん』に掲載した文章のタイトルとして広く知られた。曖昧な態度で希望を与えて、簡単に諦めさせないようにして相手に苦しませるという意味で「希望拷問」と表現した。

希望拷問の元祖は仏作家ヴィリエ・ド・リラダンが1883年に書いた『希望という名の拷問』という小説だ。高利貸金の容疑で地下の監獄で拷問を受けたユダヤ教ラビの前に、火あぶり式の前日、宗教裁判官が現れる。最後の夜くらいゆっくり過ごせと鎖を解いて裁判官が離れた後、監獄の扉がしっかりと閉じられていないのを発見したラビ。脱獄を決意し、渾身の力で監獄を抜け出した彼の目の前に裁判官が立っていた。希望という名で加えられた最後の拷問だったということだ。

韓国経済に対する希望拷問は進行形だ。今月6日、民主党高位党政協議会で李海チャン(イ・ヘチャン)代表は「(経済が)底点を通過したが反騰ペースは非常に遅く、国民が体感できなくなっている」と主張した。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は11日、国務委員ワークショップで「今年は経済が反騰して飛躍する年になるべきだ」と強調した。

過去2年間、所得主導成長というバラ色スローガンで希望拷問をしてきたが、成果もなく光だけを望んだ。今や希望拷問のバトンは底を突いたので、反騰だけが残っているという「底点論」が続く様相だ。昨年10月の経済協力開発機構(OECD)景気先行指数が22カ月ぶりに反騰し、希望の火を灯した。それでもKDIは、10カ月間にわたって韓国経済が「不振」だと診断した。現在の景気状況を示す景気動向指数循環変動値は横ばい状態だ。

4月の総選挙を控えて底点論を前面に出した「民心漁場管理用」経済希望拷問はフル稼働中だ。だが、ダブルディップ(一時的な反騰の後に再沈滞、二番底)、あるいは底を打った後も回復しない「L字型」になる可能性もあるとの懸念もある。花で叩いても痛いのに、希望で叩いても拷問は拷問だ。拷問の後遺症は人にも経済にも深刻な傷を残す。

ハ・ヒョンオク/福祉行政チーム長

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기