본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本人女性暴行30代韓国人男性、懲役1年判決

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ソウル弘大入口(ホンデイプク)駅付近で道を通り過ぎていた日本人女性を侮辱して暴行した容疑で裁判にかけられた30代男性が実刑を言い渡された。

10日、ソウル西部地裁刑事9単独パク・スヒョン判事は傷害・侮辱の容疑で拘束起訴されたパン氏(34)に懲役1年を言い渡した。

パン氏は昨年8月23日午前6時、ソウル弘大入口駅付近を通り過ぎていた日本人女性A氏を侮辱して暴行した容疑で裁判にかけられた。

パン氏は当時A氏の髪の毛を引っ張るなど暴行をふるい、日本人を侮辱する言葉も使ったということが分かった。

この事件でA氏は全治2週間の傷害を負った。

裁判所は「同種犯行で処罰を受けた前歴が数回もあり累犯期間中に犯行した点、被害回復のための真剣な努力を注がず被害者が厳罰を嘆願する点などを考えると、実刑宣告が避けられない」として「ただし、被告人の年齢と社会的環境などを参酌した」と量刑の理由を説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기