본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国で「中国肺炎」に疑われる患者を初確認…36歳の中国人女性(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
疾病管理本部は3日から「中国肺炎」に関連して24時間非常対応体制を始めた。武漢市入国者全体を対象に空港入国ゲートで個人別発熱監視をし行い、健康状態質問書を提出するように求めている。

高熱など有症者については検疫調査を実施している。

また、9日から武漢市入国者情報をDUR(医薬品安全使用サービス)を通じて医療機関にリアルタイムで伝送する予定だ。中国武漢と仁川(インチョン)をつなぐ直航路線は1週間に8便だ。一日平均200人が韓国に入国する。

中国武漢市で発生した原因不明の肺炎について質疑でまとめた。

--Aさんの症状は。

「せき、発熱、喉がはれる症状と両側の肺に肺炎症状がある」

--Aさんが中国武漢で発生した原因不明の肺炎にかかったとみられるか。

「中国武漢市で発生した肺炎の原因はまだ明らかになっていない。したがって、Aさんが武漢で発生した肺炎にかかったと言い切れない。ただし、現在としては武漢に行ってきた人に肺炎症状が現れれば、関係があるとみるしかない」

--なぜ検疫過程で把握することができなかったのか。

「中国保健当局が武漢市の肺炎状況を対外的に公開したのは先月31日だ。Aさんは韓国に先月30日帰国し、入国当時Aさんには症状がなかった」

--Aさんが訪問した病院に対する閉鎖措置は取らなくてもいいのか。

「世界保健機構(WHO)は現在まで人と人との電波や医療スタッフの感染がないとみている。保健当局はこのような点を考えて現段階で該当医療機関の医療スタッフの診療業務の排除や診療空間の閉鎖などの措置は必要でないと判断した」

--Aさんの接触者に対する管理はどのように行っているか。

「Aさんと密接接触した人の中で類似症状が現れた人はまだいない。Aさんとともに武漢に出張を行ってきた職場同僚1人は全く症状がなかった。また、帰国後22日が経って一般的な呼吸器感染病の潜伏期である14日が過ぎたと判断した。したがって、自宅隔離などの措置を取らなかった」

--武漢に行って他の地域を訪問してくれば医療機関が把握することができないのではないか。

「経由旅行客まで監視する水準ではないと判断した。武漢と隣接した香港は汽車便が数えきれないほど多く行き来し、日本は一週間当たり31便の直航路線が運行され、韓国よりはるかに多くの人が流入している。だが、経由者まで管理する所はない」
韓国で「中国肺炎」と疑われる患者を初確認…36歳の中国人女性(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기