본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本、安倍首相が乗っていた政府1号機を安値で売却して恥さらし…米で4.6倍の価格で登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本の防衛省と航空自衛隊が昨年5月に売却した政府専用機(ボーイング747-400型機)2機のうち1機が処分当時よりも4.6倍高い価格で米国売買サイトに登場して日本政府が困惑していると読売新聞が6日、報道した。

政府専用機は天皇や首相が利用する航空機で、「空軍1号機」に該当する。

同紙によると、自衛隊は昨年3月退役した政府専用機2機を国内のリサイクル業者に13億円で売却した。1機あたり約6億5000万円に相当する。ところが米国の企業に転売された1機が米国の航空機転売サイトに約30億円の価格で登場したという。売却当時の価格の約4.6倍に該当する金額だ。

読売によると、該当サイトには「最高水準のメンテナンスが施されており、新品同然」という説明がつけられているという。同紙は財務省幹部の言葉を引用して「こうした事態に、政府内からも『防衛省は市場価値を考えてほしい』との声が上がっている」と伝えた。読売は、「日本で入札を行ったが、『米国で高額で売却できるとは考えていなかった』」という防衛省幹部の言葉も伝えた。

民間企業が航空機を運用するには一般自動車の定期検査と同じような検査証明が必要だが、政府専用機の場合はこれを取得しなかった。証明取得まで時間が長くかかり、燃費が良くないという側面などを考慮し、防衛省と自衛隊が速やかに処分するほうを選んだということだ。同紙は「より高額で売却できた可能性は否定できない」と指摘した。

日本政府は1992年から使ってきたボーイング747-400型機2機を昨年4月にボーイング777-300ER型機に交代した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기