본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国忠清南道議会、「明治遺産ユネスコ登録削除要求決議案」採択

ⓒ 中央日報日本語版
韓国忠清南道(チュンチョンナムド)議会が16日、第316回定例会第4次本会議を開き、キム・ヨン議員(共に民主党)が代表発議した「日本明治遺産ユネスコ登録削除要求決議案」を採択した。

決議案はユネスコ委員会が条件付き承認当時に勧告した事項を履行しなかった安倍政権を糾弾し、ユネスコ委員会は明治日本の産業革命遺産を世界文化遺産登録から削除すべきという内容だ。

日本政府は2015年、明治時代の産業施設を世界文化遺産に申請し、軍艦島(端島)や三菱造船所など朝鮮人強制労働があった施設7カ所を含めた。ユネスコは「全体の歴史的内容と産業施設に強制労働があったという事実を記録・案内しなければならない」という条件付きで登録を決定した。しかし現在まで朝鮮人強制徴用・労役などを説明した案内板は設置されていないという。

キム・ヨン議員は「日本政府は強制労働犠牲者を記憶するために歴史的事実を正しく記憶し、知らせなければいけない」とし「ユネスコの勧告事項を履行しないのは植民支配と侵略戦争を美化する行為であり、決して容認できない」と批判した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기