본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<アイスホッケー>82年に0-25で惨敗の韓国、国内選手だけで日本に勝利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ユーロチャレンジの日本戦で勝利した韓国選手[写真 大韓アイスホッケー協会]

韓国男子アイスホッケー代表が国内選手だけでユーロアイスホッケーチャレンジ(EIHC)で日本に完勝した。ペク・ジソン監督が率いる韓国は15日(日本時間)、ハンガリーのブダペストで行われた2019EIHC3位決定戦で日本を5-2で破った。

かつて韓国男子代表は氷上で日章旗を見るだけで恐れる時期があった。1982年に0-25と惨敗してから34年間、日本戦は19敗1分けだった。韓国アイスホッケー実業団チームの安養ハルラは1996年、日本実業団チームの王子製紙に交流戦を要請したが、戦力の差が大きいとして門前払いされたこともある。

しかしもう昔の話だ。韓国は最近、日本に5連勝中だ。2016年4月にポーランドのカトヴィツェで行われた2016国際アイスホッケー連盟(IIHF)世界選手権ディビジョン1グループA大会以降、日本を相手に勝ち続けている。その間、マット・ダルトンなど帰化選手が活躍したが、今回は多重国籍選手を起用せず日本と公式試合で初めて勝利した。帰化選手マット・ダルトンの代わりにゴールを守ったファン・ヒョンホが24セーブをマークした。

これで日本との対戦成績は5勝19敗1分けとなった。NHL(北米アイスホッケーリーグ)スターだったペク・ジソン監督の指導力、鄭夢元(チョン・モンウォン)漢拏(ハルラ)会長兼大韓アイスホッケー協会長の支援のおかげだ。韓国は平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)で世界的なチームとの対戦を経験するなどして成長している。

ペク監督はこの日、20歳以下の選手5人を含む破格的なラインナップで日本に勝利した。実験的なラインナップにもかかわらず、韓国は圧倒的な競技力で日本に完勝した。ベラルーシ戦(5-6延長戦敗戦)、ウクライナ戦(4-2勝利)と同じくパワープレー(相手のペナルティによる数の優位)でゴール決定力が光った。韓国は第1ピリオドを2-1で終え、第2ピリオドで2ゴールを追加した。第3ピリオドでさらに1点を追加して勝利を固め、日本の追加点を1点に抑えた。ベラルーシ戦で59セーブをマークしたGKファン・ヒョンホは日本の有効ショット26本のうち24本を防いだ。

一方、決勝戦ではベラルーシが3-2でフランスに勝利し、優勝した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기