본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「3面に顔」1600年前の新羅土器が出土=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

3面に顔の土器[写真 画廊文化財研究院]

1600年あまり前の私たちの祖先の顔が3面についている土器が出土された。画廊文化財研究院は、慶尚北道慶山市所月里(キョンサンブクド・キョンサンシ・ソウォルリ)で表情が少しずつ異なる3つの顔がついた高さ約28センチメートルの土器を発見したと3日、発表した。顔は無表情、真剣、話しているような形状で、同じ間隔で穴が開けられ耳が表現されている。人の顔がついている土器は以前も出土されたが、3面に異なる表情が表現されているのは初めてだ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기