본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

川崎市、嫌韓デモの罰金条例案を提出…最大50万円

ⓒ 中央日報日本語版
川崎市が「ヘイトスピーチ」に罰金を課する条例制定案を提出した。

神奈川県川崎市はヘイトスピーチを刑事処罰する条例案を25日市議会に提出したと日本のメディアが報じた。

報道によると、条例案は道路や公園で特定の国や地域の出身者らに対する不当な差別的言動を禁止すると規定し、違反が繰り返される場合、50万円以下の罰金対象になる。

違反者には勧告し、繰り返した場合は命令を出す。それでも従わなければ氏名、住所などを公表する内容も条例案に含まれた。勧告・命令を下し、氏名を公表する場合は学者など専門家の意見を聞く手続きを定めた。

福田紀彦市長は市議会で「全ての市民が不当な差別を受けることのない人権尊重の町づくり推進のため、丁寧に議論を深め、市民の総意による条例制定に取り組む」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기