본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「譲らなかったという安倍首相、良心を持って言ったのか」 青瓦台、強く非難

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

鄭義溶青瓦台国家安保室長

青瓦台(チョンワデ、大統領府)が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)による「条件付き終了延期」の発表を前後にした日本の対応に強い遺憾を表明した。「破局」の寸前で劇的に合意して2日ぶりの衝突だ。

鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長とユン・ドハン国民疎通首席がこの日午後5時45分、韓・ASEAN特別首脳会議のプレスセンター〔釜山(プサン)BEXCO〕を訪れて予定になかった記者会見を行った。

鄭室長が先に「最近、韓日間合意の発表を前後にした日本側のいくつかの行動に深い遺憾を表わさざるを得ない」として「今後、このような形の行動が繰り返されれば、韓日間交渉の進展に大きな困難があると懸念している」と話した。

同時に、日本のメディアが自国の指導者の発言を引用、「日本外交の勝利」「パーフェクトゲーム」「韓国が米国の圧力に屈服」などと報じたことに対して、「不合理な論理の強引な適用であり、全く理にかなわない主張を自分ならではに展開している」と批判した。青瓦台高位関係者は「安倍晋三首相が『日本は何も譲らなかった』と発言したと日本のメディアに報じられたのが事実なら極めて遺憾だ」として「日本政府の指導者として果たして良心を持って言えることなのか問い直さざるを得ない」と話した。

鄭室長は「むしろ韓国が(8月23日)GSOMIAに対する難しい決定を終えた後、日本が韓国側に接近してきて交渉が始まった」として「大きい枠組みでは文在寅(ムン・ジェイン)大統領の原則と包容外交が判定勝ちした」と話した。

鄭室長は「これが最終合意ではない。GSOMIA終了通告の効力とWTO提訴手続きの停止の決定は全部条件付きであり、また暫定的という点をもう一度強調する」と明らかにした。

彼は「今後の交渉は、すべては日本の態度にかかっている。『You try me(私たちをテストしてみなさい)』と日本に言いたい」として「英語で『try me』は一方がでたらめな主張を展開して相手方をずっと刺激する場合、私がどのような行動を取るかわからないという警告の発言」とも話した。

鄭室長は22日当日、日本経済産業省の発表内容も指摘した。彼は「合意内容を意図的に歪曲、または膨らませて発表した」として「このような内容で日本側が韓国と協議したとすれば、合意自体が実現しなかっただろう」と話した。

鄭室長が指摘した部分は▼韓国が先にWTO手続きの中断を事前約束して通知したから協議が始まった▼韓国が輸出管理問題を改善する意欲があると話した▼日本の3品目の個別審査方針に変わりがない--などだ。彼は「8月23日GSOMIA終了の通告をした後、日本側が協議しようと提案してきたから外交チャンネル間協議が本格的に始まった」とし「韓国の輸出管理制度の運用を確認しながら輸出規制措置の解消案を協議することに韓日両国が了解し、3品目関連発言も韓日間で事前調整した内容と全く違う」と指摘した。鄭室長は▼22日当日、両国の合意内容が日本のメディアによって先に報じられた点▼午後6時同時発表を約束して韓国より7~8分遅れて発表した点も指摘した。鄭室長は「22日にも外交ルートを通じてこのような点を指摘し、強く抗議した」として「日本側は『韓国が指摘した立場を理解する。経産省が膨らませた内容で発表したことを謝罪する。韓日間の合意内容には変わりがない』という点を再確認した」と伝えた。

ユン・ドハン国民疎通首席は韓国のメディアに向かって「日本側の観点から日本の立場を伝える報道が続いている」とし、「日本のメディアの報道が事実ではない。内容が虚偽なら虚偽報道で、事実でなければ小説であるだけ」と話した。

この日、二人の核心参謀の異例的に実名を名乗って行った記者会見は文在寅大統領の意向が反映されたものという分析だ。これに伴い、韓日両国が12月末に中国北京で開かれる韓日中首脳会議を契機に首脳間会談を推進することにしたことにも影響を及ぼすだろうという見方がある。康京和(カン・ギョンファ)外交長官は23日、主要20カ国・地域(G20)外相会議(日本名古屋)で茂木敏充外相と会談した後「首脳会談が可能になるよう調整することにした。一つの大きな峠で若干のブレークスルー(breakthrough・突破口)ができた」として「雪解けムード」を知らせた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기