본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国観光公社、日本人モデル起用…「20-30代の女性層攻略」

ⓒ 中央日報日本語版

済州のみかん農場カフェを背景に日本人モデルが踊る新しい韓国観光公社のCMの場面[写真 imagine your korea]

韓国観光公社が日本人観光客を誘致するために、新しい韓国観光広告のコンセプトを21日、発表した。

韓国観光公社は東京支社設立50周年を迎え、21日にザ・プリンスパークタワーホテルで新しいブランド広告案を発表し、日本のモデル兼女優の石坂友里さん(31)、吉田沙世さん(29)が出演する広告を公開した。

2030(20~30代)の日本人女性モデルを起用し、最近韓国観光の中心軸として浮上している日本の20~30代の女性層の関心をひきつける戦略だ。

新しい広告は、既存の伝統的韓国観光広告のコンセプトとは異なり、写真撮影に適したスポット、昔の雰囲気を満喫できる旅行地、各地のおいしい食べ物などを紹介する映像で構成された。同映像はユーチューブとフェイスブックを介して日本現地で韓国観光を知らせる予定だ。

韓国観光公社の安栄培(アン・ヨンベ)社長は今回の韓国観光広報広告について「韓流スターを活用した広告とは異なる日本人が出演する広告のためSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の話題と共有を期待している」とし「今回の広告発表は訪韓市場の成長に大きく寄与するものと期待している」と述べた。

韓国観光公社ブランドマーケティングチームのオ・ビョンヒチーム長は「旅行は、もはや複雑で大規模なイベントではなく、ささやかな関心と理由から始まる日常になった」とし「日本から韓国を訪れる観光客の中で最も大きな割合を占める2030の女性に集中的なコミュニケーションを図る」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기