본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国防総省「在韓米軍1個旅団撤収の報道、全く事実でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国防総省が21日、韓米防衛費分担金特別協定(SMA)交渉で韓国が米国の防衛費分担金増額要求に応じなければ在韓米軍1個旅団を撤収することを検討中という韓国メディアの報道を公式的に否認した。

米国防総省のホフマン報道官はこの日、声明を出し、「米国防総省が韓半島(朝鮮半島)からいかなる兵力(any troops)であれ撤収(removing)することを現在考慮しているという朝鮮日報の報道は全く事実でない(absolutely no truth)」と明らかにしたと、ロイター通信が報じた。

朝鮮日報は21日、ワシントンの外交筋を引用し、「トランプ大統領が望む防衛費交渉にならない状況に対応して1個旅団の撤収を準備している」と報道した。

米国は従来の分担金の5倍にのぼる50億ドルを要求している。19日午前にソウルで始まった防衛費交渉は米国側の中断宣言で1時間20分で決裂した。米国側は「韓国の提案が我々の要求に沿わなかった」と明らかにした。

ロイター通信によると、ホフマン報道官はこの日の声明で「エスパー国防長官は先週訪韓し、韓国に対する米国の変わらない献身の意志を繰り返し表明した」と説明した。エスパー長官本人も同日、ベトナムを訪問した席で、関連報道について「聞いたことがない(have not beard that)」と答えた。防衛費交渉が決裂すれば在韓米軍を縮小する可能性について取材陣が尋ねると、エスパー長官は「我々はこれ(防衛費問題)のために我々の同盟を脅かさない」とし「(防衛費問題は)交渉だ」と述べた。

ロイター通信はこの日、米国防総省が「朝鮮日報は該当報道を直ちに撤回(retract)すべき」と要求した、と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기