본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】自動運転車が事故を起こせば過失の割合は?=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

【コラム】自動運転車が事故を起こせば過失の割合は?=韓国

自動運転車が事故を起こせば過失の割合は何対何になるのだろうか。自動運転車はスピード違反や信号違反をせず安全に運転するため、相手が100%過失を負担することになるだろうか。2017年に米サンフランシスコで発生した事故を見ると必ずしもそうではない。事故の経緯はこうだ。GMの自動運転車は車線変更する賢い人工知能を備えていた。自動運転車は走行中、隣の車線が空いていると判断して車線を変更しようとした。しかし前の車が速度を落とすと急に元の車線に戻った。すると、前の車が車線変更をすると判断して速度を上げた後方のバイクが自動運転車に衝突してしまった。

バイクの運転者は自動運転車が前の車の流れを考慮せず無理に車線変更を試みたのが過失だと主張し、訴訟を起こした。もちろん速度を上げたバイクの運転者にも過失が一部認められるはずだ。この事件は自動運転車と人間の過失の割合を決める世界最初の訴訟となった。後に双方の合意で終結して判決は下されず、GM側がバイク運転者にいくら支払ったのかも伝えられていない。

この事件を見ると、自動運転車の事故の責任の所在を明らかにするのは非常に難しいという気がする。今まで自動車事故に対してメーカーが責任を負うケースは珍しかった。しかし今後、自動運転中に事故が発生すれば自動車メーカーが責任を負わなければならない可能性が出てくる。このため現在市中に出ている自動車の半自動運転機能は運転者が常に注意することを要求している。自動運転車が処理できない状況になれば、いつでも人がハンドルを握る準備ができていなければいけないということだ。

このように道路状況が比較的単純なら自動運転車が運転し、例外的な場合にだけ人間が介入する方式を3段階の自動運転と呼ぶ。しかし人の認知能力を考慮すれば3段階は危険性が高い。自動運転車が10分、20分、あるいはそれ以上を自動で運転している状況で、人間がずっと注意を向けるのは難しい。自動で問題なく走行していた車が急に警告音を鳴らして人に運転を任せれば、まともに対応しにくい。3段階は理論的にそうであっても現実的には実現が難しい。それで世界的な自動運転技術会社は3段階を飛び越えて4段階を開発している。4段階からは人間の介入が必要なくなる。

先日ニューヨークタイムズは自動運転車時代が到来するには予想より長い時間がかかると報道した。多くのメーカーが2020年代初期になれば自動運転車は珍しくなくなると予想していたが、2020年を目前にした今でも克服すべき障害物は多い。人間の介入が全く必要ない4段階の技術を完成させるのは容易でない。

何年後になるかは分からないが、筆者はいつ自動運転車を購入するかを心の中で決めている。その時期とは自動運転車の保険料がさらに安くなる日だ。保険会社はどの車が事故を起こす確率が高いかを最もよく知る。保険会社が自動運転車に対して保険料を下げれば、自動運転車は安全という確実な証拠になるということだ。4段階の技術が相当な水準に達すれば自動運転車の保険料がさらに安くなる日がくるだろう。その日が早く来ることを期待している。

キム・ビョンピル/KAIST(韓国科学技術院)技術経営学部教授

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기