본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスンが注力のサウジ…ソウル面積の半分のエンターテイメント新都市造成へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サムスングループがサウジアラビアに超大型エンターテインメント新都市を造成する。これまで李在鎔(イ・ジェヨン)サムスングループ副会長がサウジ建設事業に力を注いできたが、その成果が表れ始めたという評価だ。

海外メディアと建設業界によると、サムスングループは29、30日(現地時間)にサウジアラビアのキディヤで「キディヤエンターテインメントシティ」事業推進了解覚書を締結する。締結式にはサムスン物産建設部門のイ・ヨンホ社長が出席する。この事業はサムスン物産建設部門が主軸となり、サムスン電子などがサポートする構造という。

キディヤはサウジアラビアの首都リヤドから40キロほど離れたところにある。サムスンはここにテーマパーク、サファリ、モータースポーツ、ウォーターパーク、ショッピングモール、住宅などで構成された新都市を建設する計画だ。新都市の面積は334平方キロメートルで、ソウル市(605平方キロメートル)の半分を超える。事業の第1段階が2022年に終わり、最終完工時点は2035年。

これに先立ち李副会長は6月、韓国でサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子に会い、キディヤエンターテインメントシティなど大規模な建設プロジェクトについて協議した。サルマン皇太子はサウジアラビア国家改革プロジェクト「ビジョン2030」に取り組んでいる。

また李副会長は先月の秋夕(チュソク、中秋)連休期間、サムスン物産が建設中のサウジアラビア・リヤド都心地下鉄工事現場を訪問し、数日後にサルマン皇太子に会って議論を進めた。李副会長がサムスンの海外建設現場を訪問したのは初めてだった。

サムスン物産建設部門の関係者は「まだ具体的に明らかにできる内容はない」と述べた。

業界は、サムスンがサウジアラビアでキディヤエンターテインメントシティをはじめ、スマートシティなど多様な建設事業を相次いで受注すると期待している。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기