본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

トヨタ、ハリーポッターのようにほうきに乗る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ほうき形の1人用移動手段「e-broom」。[写真 トヨタ]

トヨタが公開した未来モビリティー。小型自動運転ロボット「Micro Palette」。[写真トヨタ]

パーティー、ドレスルーム、カラオケも可能な1人自動運転車「e-4me」。[写真 トヨタ]

「ハリーポッターのように乗れるほうきがある?」映画の中でしか見られないようなアイデアを実現した会社がある。日本最大の自動車メーカーのトヨタだ。

トヨタは24日に開幕した「2019東京モーターショー」で多様な未来モビリティー(移動性)ソリューションを公開した。乗れるほうきの名前は「e-broom」。文字通りほうき形の個人用移動手段で、インラインスケート形の車輪が付いた靴を履いて乗ると自由に移動できるというのがトヨタの説明だ。

e-broomは未来モビリティーを楽しく具現したものにすぎないが、今回のモーターショーでトヨタはモビリティー全般の多様な移動手段とソリューションを公開した。電気自動車・自動運転車など未来車分野で過度に保守的という評価を受けてきたトヨタの変身と言っても過言ではない。

昨年公開した「e-Palette」はさらに進化した。来年の東京五輪で使われる自動運転シャトルバスだ。ドライバーと運転台がない「レベル4」水準の自動運転を実現した。5.26メートルの長さに2.07メートルの全幅を持つe-Paletteは最大20人乗り。完全に充電すれば150キロメートルを走行できる。

トヨタは人に物を伝えたりe-Paletteに貨物を載せることができるラストマイルデリバリー(最終配送段階)用モビリティーも公開した。「Micro Palette」と名付けたこの機械はロボットと自動運転車を合わせたような形態だ。

自動運転車が一般化すれば車内で運転する必要がないという点に着眼した製品も出した。「e-4me」と名付けられた自動運転車は車内でパーティーをしたりドレスルームとして活用し、音楽スタジオとして使うこともできるというのがトヨタの説明だ。用途により内部を多様に構成できるようにした。

このほかにも自動運転電気スポーツカーの「e-RACER」、カーシェアリングと貨物運送が可能な「e-Trans」、動く医療車両「e-Care」などの車両も公開した。まだ電気自動車充電インフラが少なく充電に時間が長くかかるという点を補完し、自ら移動して他の電気自動車の無線充電を提供する「Chargeair」も目に付いた。

フォルクスワーゲンとともに世界最大の自動車メーカーであるトヨタのモビリティー構想は今後の自動車業界に大きな反響を起こす見通しだ。昨年ソフトバンクと設立したモビリティー専門ジョイントベンチャーのモネ・テクノロジーズにはホンダ、スズキ、スバル、マツダなど他の日本の自動車メーカーも参加する。事実上「日本自動車連合」だ。現代自動車グループ単独で孤軍奮闘する韓国と比較すると日本の自動車産業の力を総動員したという評価が出ている。

ここに最近ソフトバンク傘下の半導体設計会社であるARMの主導で自動運転コンピューティングコンソーシアムであるAVCCも構成した。ここには米GMと、日本とドイツを代表する自動車部品メーカーのデンソーとボッシュ、コンチネンタルが参加する。自動運転イメージ処理技術の最強者である米エヌビディアとドイツの半導体企業NXPも加勢した。自動運転技術の「アベンジャーズ」と呼ばれるほどだ。

ハイ投資証券リサーチセンター長のコ・テボン氏は「ソフトバンクがモビリティーに対する下絵を描いて『自動車強国』日本のハードウェア(自動車)企業が存分に想像力を発揮できるようにするという点で日本の未来車への準備は恐ろしいほど」と評価した。コ氏は「現代自動車グループがいまようやくモビリティーに対する投資を増やしているが、世界のカーシェアリングプラットフォームとハードウェアをすべて掌握する日本と比較するとまだ進む道は長い」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

1/3

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기