본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

スペイン国王夫妻、ソウル市の名誉市民に

ⓒ 中央日報日本語版
スペイン国王夫妻がソウル市の名誉市民になる。

ソウル市は韓国を国賓訪問中のフェリペ6世スペイン国王とレティシア王妃が24日、市庁舎を訪れて朴元淳(パク・ウォンスン)市長から名誉市民証を受けると明らかにした。

フェリペ6世は皇太子身分だった1988年、ソウルオリンピック(五輪)当時、姉のクリスティナ王女のヨット競技の参観のためにソウルを訪ねて以来今回が2回目の訪問だ。

この日、ソウル市名誉市民証の授与式にはスペインのジョセップ・ ボレル外相、マリア・レイエス産業・通商・観光大臣、イグナシオ・モロ駐韓スペイン大使などが参加する。

朴元淳ソウル市長は「ソウル市とスペイン都市間の友好交流が一層拡大するよう願う」として「国王夫妻がソウル市の名誉市民になるのはスペインのすべての方々をソウルの市民として迎えること」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기