본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

特許侵害vs合意違反…LG・SKバッテリー「傷だけの戦争」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
二次電池をめぐるLG化学とSKイノベーションの訴訟戦が一波万波で拡大している。LG化学は先月26日、米国際貿易委員会(ITC)と現地連邦地裁にSKイノベーションを特許侵害容疑で提訴した。自社のバッテリー核心素材である安定性強化分離膜(SRS)の米国特許3件、正極材の米国特許2件をSKが侵害したという。SKイノベーションのバッテリー素材と部品などの米国内輸入禁止まで要請した中でITCは4日に調査開始を決めたと明らかにした。

LG化学関係者は「米国に輸出されたSKイノベーションのバッテリーを分析した結果、特許を明確に侵害しており、SKが不当な利益を得ていると判断した」と主張した。これに対してSKイノベーション関係者は「2014年に両社が紛争の末に10年間訴訟しないことで合意した特許の一部が今回の訴訟に含まれた。合意違反であり名分のない訴訟」と反論した。当時の合意書に権暎寿(クォン・ヨンス)LG化学社長(現LGグループ副会長)とキム・ホンデSKイノベーション社長名義で特許番号「KR100775310(KR310)」などに対し内外で争訟しないという内容があるという。

KR310はLG化学が国際特許として米国で出願した「7,662,517(US517)」と優先権番号が同じて、実質的に同じ特許であるの今回の訴訟に含めたのは合意違反という論理だ。優先権は発明者がさまざまな国で特許を出願する時に物理的距離などの限界で特許権を認められないケースが発生しないようにする制度だ。LG化学は韓国と米国でそれぞれ特許権利範囲が違うため事実上別の特許とみるべきという立場だ。

専門家の意見は交錯する。匿名のある弁理士は「米国観点で同じ特許と断定できるほどの根拠はないように見える」と話した。これに対し別の弁理士は「特許権利の範囲が違うということが同じ特許ではないと断定される根拠ではない」と話した。両社で合意に至らなければ来年下半期にも結論が出る見通しだ。このため国益優先の観点から円満な和解が必要という指摘も出ている。蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)のチョ・ジェピル教授は「国内企業間の紛争が長引くほど中国と日本のようなバッテリー産業競争国に有利になるだけ」と指摘した。

今回の訴訟は6カ月にわたり続いている両企業間の法的紛争の延長線上にある。LG化学は4月に米国でSKイノベーションを営業秘密と技術侵害容疑でITCなどに提訴した。その後SKイノベーションも先月初めに米国でLG化学とLGエレクトロニクスを相手取り特許一部侵害容疑で提訴した。政府の対立仲裁が必要だという政界内外の指摘に産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は苦悩中だ。彼は18日の国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会の国政監査で「LG化学とSKイノベーションが互いに争って訴訟しているがこれをそのまま放置していていいのか」という自由韓国党出身イ・ジョング産業資源委員長の質問に「(民間企業の訴訟のため)どのタイミングでどのような役割をすべきか苦悩中」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기