본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国経済副首相、米財務長官に会い「日本の輸出規制、世界経済に否定的影響」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

G20財務相・中央銀行総裁会議への参加のために米国ワシントンを訪問中の韓国の洪楠基副首相兼企画財政部長官が17日(現地時間)、財務省でスティーブン・ムニューシン米財務長官と会談に先立ち握手している。[写真 企画財政部]

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が米国のスティーブン・ムニューシン財務長官と会い、日本の輸出規制措置がグローバル・バリューチェーンを損ないかねないとし、早急な解決が必要だと強調した。

洪副首相は17日(現地時間)、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出席のために訪れたワシントンDCでムニューシン財務長官と会談した。洪副首相就任後、3回目の会談となる。

この会談で、洪副首相は日本の輸出規制措置に対する懸念を表明した。

洪副首相は「日本の措置が国際貿易規範に背けばグローバル・バリューチェーンを損ない、世界経済に否定的な影響を与えるおそれがある」とし「両国間の対話と外交的努力を通じてできるだけ早い期間内に解決されるよう希望する」と明らかにした。

ムニューシン長官は今月為替レート報告書の発表を控え、韓国と外為イシュー関連の円滑な疎通および協議が行われているとし、韓国の外国為替市場介入内訳の公開周期短縮など外国為替政策の透明性向上への取り組みを高く評価したと企画財政部は伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기