본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

1945年の浮島丸爆沈事件を扱った映画、19日公開=韓国

ⓒ 中央日報日本語版

韓国のドキュメンタリー映画『浮島丸』ポスター

浮島丸爆破沈没事件の真実究明映画『浮島丸』(キム・ジンホン監督)が9月19日に韓国で公開される。

1945年8月22日に青森から朝鮮人を乗せて釜山(プサン)に向かった軍艦「浮島丸」。しかし8月24日、舞鶴港で爆発して沈没した。この事故で船に乗っていた朝鮮人帰郷者524人と日本の乗組員25人が死亡し、さらに多くの人々が行方不明となった。

当時、日本政府は米軍が設置した機雷のため沈没したと主張したが、日本が意図的に撃沈させたという疑惑も提起された。船体はダイナマイトで爆破され、遺体の収拾もまともに行われなかった。

映画『浮島丸』は当時の事件を目撃した生存者の証言が反映された。また、故郷に戻る夢を抱いて船に乗った多くの朝鮮人の写真を入れて当時の状況を生々しく描いた。

映画のナレーションに参加した俳優アン・ジェモは「浮島丸爆沈事件を知ってから、我々の民族の痛恨の歴史について共感するようになった」とし「犠牲者と生存者の方々が見えないところでこのように長い時間、つらい記憶を孤独に乗り越えてきたのかと感じた」と語った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기