본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国造船業「復活」の兆し…受注量、4カ月連続世界1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン重工業が建造して今年引き渡したLNG燃料推進原油運搬船 [写真 サムスン重工業]

韓国造船業は「復活」に近づいているのだろうか。先月、世界の船舶受注物量をほぼ独占しながら造船業受注量が4カ月連続世界1位を記録した。

韓国産業通商資源部が8日に発表した「8月の造船業受注実績および雇用動向」によると、先月における世界全体の船舶発注100万CGT(標準化物換算トン数)のうち韓国は73.5%に達する73万5000CGTを受注した。日本・中国が自主的に発注(注文)と受注した物量を除くと世界発注物量の大部分を韓国の造船会社が獲得したものと分析される。

船種別に見ると、液化天然ガス(LNG)運搬船の発注物量3隻をすべて受注した。タンカーは14隻中、LNG燃料推進船10隻を含めた13隻を受注することに成功した。産業部は「超大型タンカー(VLCC)とLNG運搬船のような高付加価値船種で競争優位を維持したおかげ」と説明した。

受注金額基準では韓国が1~8月113億ドル(約1兆2000億円)で中国109億3000万ドルを抜いて世界1位に返り咲いた。1~7月の累計金額は中国104億ドル、韓国96億ドルだった。

韓国造船業は長く世界1位に君臨していたが、2015~2017年3年連続で首位を中国に明け渡した。中国企業が自国の発注物量を事実上独占したことによって急成長した影響だ。特に、2015年には日本にまでおされた。これに世界造船業の不況まで重なり、韓国造船業は構造調整を余儀なくされたことで、慶南(キョンナム)をはじめ、巨済(コジェ)や統営(トンヨン)など造船業密集地域は現在まで雇用不況に苦しめられている。

昨年は建造量が最低点の772万CGTまで落ち込んだ。受注から生産までの時間は1~2年ほどの時間差があることから、2016年の受注物量が急激に減った影響とみられる。しかし、今年1~8月の国内造船建造量は676万CGTで昨年同期比14.0%増加した。昨年底を打った業績に回復の兆しが見えているというのが産業部の説明だ。建造が増えることにより、造船産業の雇用も昨年8月10万5000人で最低値を記録してからは増え始め、今年8月には11万人台を回復した。

産業部はロシア・カタール・モザンビークなどの大型プロジェクト発注も予定されていて、受注量はさらに拡大するものと期待した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기