본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

大韓航空、日本路線運休し東南アジア・中国路線など拡大

ⓒ 中央日報日本語版

大韓航空

大韓航空は、日本路線の需要減少に対応するため運休を実施すると明らかにした。

大韓航空は9月16日から週14便運航している釜山(プサン)~関西便の運休に入る。11月1日からは週3便運航している済州(チェジュ)~成田便と週4便運航する済州~関西便も運休する。

週3便運航する仁川(インチョン)~小松便と仁川~鹿児島便は9月29日から11月16日まで、週5便運航する仁川~旭川便は9月29日から10月26日まで運休する。

また、週28便運航していた仁川~関西便と仁川~福岡便は10月27日から11月16日までそれぞれ週21便に減便する。9月29日から11月16日まで週7便運航している仁川~那覇便は週4便に、週14便運航している釜山~成田便と釜山~福岡便は週7便にそれぞれ運航便数を減らす。

一方、日本便運休により増えた運航余力を東南アジア便と中国便に拡大投入することにした。大韓航空は10月27日から仁川~クラーク(フィリピン)便を週7便で新規就航する。また、仁川~ダナン(ベトナム)便に週7便を追加増便し週21便を運航する予定で、仁川~チェンマイ(タイ)便と仁川~バリ(インドネシア)便も週4便を増やし週11便で運航する計画だ。

中国便には仁川~張家界便に週3便、仁川~杭州便に週3便、仁川~南京便に週4便でそれぞれ新規就航を推進中だ。また、仁川~北京便は週3便増やし週17便を運航する計画だ。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기