본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「社会的物議」元JYJパク・ユチョン、あまりにも当然の出演停止手順

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

元JYJのパク・ユチョン

元JYJのパク・ユチョンが社会的物議をかもして放送出演停止のリストに含まれた。

パク・ユチョンは5月開かれたMBC(文化放送)自社審議委員会結果、出演停止が決定された。だが、あまりにも当然の手順という意見だ。

ある放送関係者は10日、韓国ニッカンスポーツに「芸能界を引退すると宣言したパク・ユチョンに放送出演停止が何の意味があるか」とし「MBC(文化放送)を含む地上波テレビ局3社全部刑事裁判中である芸能人に対する出演停止を決める条項がある」と明らかにした。

パク・ユチョンは元恋人のファン・ハナさんとヒロポンを0.05グラムずつ3回購入し、これを水に薄めて6回にわたって使用した疑いが持たれていた。裁判ですべての疑惑を認めた彼は1審から懲役10月に執行猶予2年を言い渡された。追徴金140万ウォン(約13万円)と麻薬に関する保護観察も命令した。

判事は「麻薬類の犯罪は社会的弊害であり深刻な問題であるため、厳重な処罰が必要だ」としながらも「拘束後犯罪を認めているうえに初犯で、2カ月以上拘束された状態で反省する姿勢を見せるなど現在としては保護観察と治療命令がより良い」と説明した。

68日で釈放されたパク・ユチョンは2日、水原(スウォン)拘置所の正門を歩いて出て「社会に出れば奉仕しながら生きていきたい」と話すと同時に涙を見せた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기