본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国海洋水産部「日本の商業捕鯨再開に深刻な憂慮」

ⓒ 中央日報日本語版
日本が商業捕鯨を再開したことに対し、韓国海洋水産部が憂慮を表明した。

海洋水産部は2日、声明を出し、「日本の商業捕鯨に深刻な憂慮を表す」とし「我々の水域のクジラ資源に影響を及ぼしてはいけない」と主張した。

韓国は1986年から商業捕鯨を中止している。近海には日本の商業捕鯨対象種に含まれたミンククジラをはじめ、計31種のクジラが分布している。

ミンククジラはJ系群とO系群に区分され、J系群は韓半島(朝鮮半島)水域と日本西側沿岸、東南側沿岸に主に生息し、韓国水域にも約1500頭が生息中と推定される。

海洋水産部は特に、韓日両国の水域を往来して生息するJ系群のミンククジラが日本の捕鯨対象に含まれたことで韓国への回遊に影響を及ぼす可能性があるという点に注目し、韓国水域のクジラ資源への影響を分析する一方、クジラの保存と利用は国際捕鯨委員会(IWC)で議論されるべきだという立場を明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기