본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米中、世界最高スパコンで戦争中…韓日は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国のスーパーコンピュータ「ヌリオン(Nurion)」

米国のスーパーコンピュータ(スパコン)「サミット(Summit)」が昨年に続いて世界最高の座についた。韓国の「ヌリオン(Nurion)」は昨年年末と比較して2ランクダウンの15位に位置した。

国際スーパーコンピュータ学会(ISC)は17日(現地時間)、ドイツ・フランクフルトで開かれた「ISC High Performance」で発表された「2019世界最高スーパーコンピュータトップ500」で、米国エネルギー省(DOE)オークリッジ国立研究所の「サミット」が世界最高性能のスーパーコンピュータだと発表した。

サミットは1秒に約15京回の演算ができる実測性能148.6ペタフロップス(Pflops)で1位に君臨した。個人コンピュータ約16万台分の性能を誇る。1ペタフロップスは1秒あたり1000兆回の数学演算処理が可能だ。70億人が420年かかって終える計算を1時間で終わらせることができる。

続いて米国ローレンス・リバモア国立研究所の「シエラ(Sierra)」と中国の「神威・太湖之光(Sunway TaihuLight)」が揃ってランクインした。

スパコン最多保有国は中国が占めた。中国は「トップ500」のうち219台で全体43.8%で1位、米国は116台(23.2%)で2位となった。続いて日本29台、フランス19台、英国18台の順となっている。

韓国のKISTI(韓国科学技術情報研究院)のスーパーコンピュータ5号機「ヌリオン」は実測性能13.9ペタフロップス(Pflops)で15位に入った。続いて韓国気象庁の「ヌリ(Nuri)」「ミリ(Miri)」がそれぞれ99位、100位となっている。

一方、今回発表された「スパコントップ500」のすべてのシステムが初めてペタフロップス(PF)級以上の性能を記録し、ますますその性能が高まっていることが明らかになり、熾烈なスパコン戦争を予告した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기