본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「6・25は北の侵略…犠牲の中心に米国」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領が24日、韓国戦争に国軍と国連軍として参戦した有功者を青瓦台に招請して慰労会を開いた。大統領が参戦有功者だけを別に青瓦台に招請して慰労会を開いたのは今回が初めてだと、青瓦台は説明した。文大統領が参戦有功者と握手している。(青瓦台写真記者団)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓国戦争(朝鮮戦争)69周年を翌日に控えた24日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で参戦有功者と遺族の計182人を招請した席で「韓国戦争は悲痛の歴史だが、北の侵略を克服したことで大韓民国の正体性(アイデンティティ)を守った」とし「戦争の惨禍を乗り越えようとする努力が今日の大韓民国の発展を実現させた」と述べた。

文大統領が就任後の公式行事で韓国戦争の侵略の主体を北朝鮮と規定したのは今回が初めて。6日の顕忠日(戦没者追悼日)の発言が招いた理念論争を収拾し、統合のメッセージを強調するためだ。文大統領は当時、越北の履歴がある金元鳳(キム・ウォンボン)を国軍のルーツと述べ、歴史論争を呼んだ。北欧歴訪中だった14日(現地時間)にはスウェーデンで演説し、「5000年の歴史で南北はどの国も侵略したことがない」と述べ、野党が反発した。

野党・自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表もこの日午前の党最高委員会で「大統領が自ら顕忠日の追悼の言葉で韓国戦争の功勲として北で勲章を受けた人物を国軍のルーツと称賛し、金正恩(キム・ジョンウン)は韓国戦争を北侵と言い張るが、我々の大統領は北の侵略という事実を否定する演説をした」と批判した。これに対し青瓦台関係者は「今日の大統領の発言で正体性という言葉を通じて、戦後の産業化勢力の功勲を改めて認め、保守が憂慮する理念的な部分も払拭させた」と説明した。

また文大統領は米国の役割を評価しながら韓米同盟を強調した。文大統領は「69年前、22カ国の195万人の若者が戦争が勃発した大韓民国に駆けつけた。その中心には、最も多くの将兵が参戦し、最も多くの犠牲を払った米国があった」とし「政府はその崇高な犠牲を記憶し、ワシントン韓国参戦記念公園に『追悼の壁』をたてる予定だ。韓米両国は同盟の偉大さを記憶し、誰も行ったことのない恒久的平和の道を共に開く」と述べた。続いて「もう大韓民国は戦争の灰から輸出世界6位、国民所得3万ドルを超える経済強国に発展した」とし「援助を受けていた国から戦争と病気、貧困の苦痛に苦しむ人々を助ける援助供与国になった」と話した。

この日の行事参加者は、3軍の儀仗隊が両側に並び、軍楽隊の演奏が行われる中で迎賓館に入場した。この日の行事には鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀議長、ハリー・ハリス駐韓米国大使、ロバート・エイブラムス国連軍司令官など韓米両国の政府および軍関係者が出席した。

文大統領は韓国戦争参戦有功者のエピソードも一つ一つ紹介した。文大統領は韓国戦争当時にファサルモリ高地戦闘に参戦したパク・ドンハ先生に言及した後、「政府は4月1日からファサルモリ高地での遺骨発掘を始め、今まで遺骨72柱、遺品3万3000点を発掘した」とし「最後の1人まで家族のもとに戻れるよう最高の礼遇で遺骸発掘を続けていく」と強調した。

韓国からの移民者2世として第2次世界大戦に参戦し、米国史上最高の戦争英雄16人に選ばれた故キム・ヨンオク大佐も紹介した。文大統領は「第2次世界大戦で輝かしい武功を挙げた後に転役したが、韓国戦争が勃発すると再び入隊して祖国に駆けつけた」とし「休戦ラインの中・東部を60キロも北上させるのに大きく寄与し、除隊後には米国韓人社会の発展のために大きく献身した」と説明した。

文大統領は「警察も戦争の惨禍に立ち向かって国を守った」とし「故イム・ジンハ警士は『警察花郎部隊』所属で米海兵第1師団と共に長津湖(チャンジンホ)戦闘に参戦し、手榴弾の破片7つが体に刺さる重傷を負いながらも戦場に復帰するほど透徹した愛国心で祖国を守った」と紹介した。

参戦勇士礼遇に関する言葉も欠かさなかった。文大統領は「政府は昨年、参戦名誉手当を歴代政府最高水準へと大幅に引き上げた」とし「最後まで尊敬と礼遇を受けるよう大統領謹弔旗と永久用太極旗(テグッキ、韓国の国旗)を丁重に伝えている。介護福祉サービスも参戦有功者が死去した場合、配偶者まで拡大施行している」と伝えた。

文大統領は終戦宣言を念頭に置きながら「来年は韓国戦争70周年となる。1953年7月27日に戦争の砲煙は消えたが、まだ完全な終戦は実現していない」とし「もう二度と戦争の心配がない、平和な韓半島(朝鮮半島)を築くことが、国内外の参戦勇士の犠牲と献身に報いる道だと信じている」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기