본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン副会長が週末に「半導体社長団」を華城に集めた理由は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン電子の李在鎔副会長(左から2人目)が今月1日、半導体・ディスプレイ経営陣と会議をするために右手に会議資料を持って京畿道華城事業場に入っている。左からサムスンディスプレイのイ・ドンフン社長、李副会長、サムスン電子のキム・ギナム代表理事副会長、チョンウンスン・ファウンドリ事業部長。(写真=ソーシャルメディア「ブラインド」キャプチャー)

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(51)が土曜日である今月1日、京畿道(キョンギド)華城(ファソン)事業場で半導体・ディスプレイ最高経営陣とグローバル経済環境対策会議を開いた。会議が開かれた華城事業場は、4月末に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪問した場所だ。李副会長が週末に社長団会議を開いたのは昨年2月に釈放されて以来、初めてだ。

2日、サムスン電子によると、李副会長は会議で「急変する環境の中でも核心は長期的かつ根源的な技術競争力を確保すること」としながら「超格差」を強調した。「超格差」は権五鉉(クォン・オヒョン)サムスン電子総合技術院会長の著書の題名だ。

サムスンが強みを持っているメモリー半導体価格は最近に入り下降している。昨年下半期8ドル台だったDRAM(DDR4 8ギガビット)価格は先月末基準で3ドル台まで落ちた。DRAM値が3ドル台に進入したのは「半導体超好況(スーパーサイクル)」に入る前の2016年9月以降、2年8カ月ぶりだ。実際、サムスン電子の今年1~3月の営業利益は6兆2000億ウォン(約5645億円)にとどまった。2016年7-9月期(5兆2000億ウォン)以降、10期ぶりの最低水準だ。

李副会長は今年初めにも華城事業場を訪れてデバイスソリューション(DS)およびディスプレイ部門経営陣との事業戦略会議を開いた。スーパーサイクル終了にともなう危機感が高まった時期だ。

国内投資・雇用に対する方針も繰り返し明らかにした。李副会長は「昨年8月に発表した『3年間180兆ウォンの投資と4万人採用計画』は揺れることなく推進し、良質の雇用を創り出して経済活性化にも寄与しなければならない」と話した。

李副会長は今年4月に発表した「半導体ビジョン2030」も再び強調した。彼は「システム半導体分野で2030年世界一になるという目標を立てた。133兆ウォンの投資計画の執行にも万全を尽くしてほしい」と呼びかけた。

この日の会議には、半導体を総括しているキム・ギナム・サムスン電子代表理事副会長、チン・ギョヨン・メモリー事業部長、AP・イメージセンサーなど担当するカン・インヨプ・システムLSI事業部長、チョン・ウンスン・ファウンドリ事業部長、イ・ドンフン・サムスンディスプレイ社長が出席した。

会社関係者は「平日に社長団会議を行えば、事業部別『ルーチン』が崩れることを懸念した李副会長が週末に会議をしたものと承知している」と話した。事業支援タスクフォース(TF、作業部会)所属役員2人が拘束されて1人は令状が請求され、事業支援TFが身動き取れない状態になったことも無関係ではないという。さまざまな系列会社を網羅するイシューに対するコントロールタワーが崩れ、李副会長が直接関わらなければならない状況だ。

今回の会議は1日に華城事業場を訪れた李副会長を職員が撮影し、閉鎖型ソーシャルメディア「ブラインド」にアップしたことで外部に伝えられた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기