본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

大韓航空旅客機、沖縄空港で離陸直前にストップ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

大韓航空

2日午後7時20分ごろ、沖縄那覇空港の滑走路で大韓航空KE736便の旅客機(ボーイング737)が仁川(インチョン)国際空港に向けて出発する直前に離陸手続きを中断した。

乗客乗員158人を乗せて那覇空港を出発する予定だった同機は、滑走路進入中にエンジンに異常が感知されたという。

大韓航空関係者は「操縦士が機体に異常を感知して離陸手続きを中断した後、ゲート側に機首を旋回させた」とし、どのような問題があるのか確認中だと説明した。

その後、ソウルから緊急代替便として編成された270席規模の旅客機(A330-300)が投入された。代替便は3日午前1時35分に出発した。

那覇空港事務所側は約1時間にわたり滑走路を閉鎖して稼働を再開した。この影響で一部の航空便の離陸が遅れたことが分かった。空港事務所側は負傷者関連の情報は入ってきていないと明らかにした。

共同通信は、この日雷が発生するなど気象状態が良くなかったため離陸手続きを中断した大韓航空機を空港内の駐機場に戻す作業が遅れたと伝えた。

那覇空港は沖縄の関門と呼ばれる空港だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기