본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、輸出物価上昇もDRAM価格は9カ月連続下落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン電子器興(キフン)工場(中央フォト)

韓国ウォン安と国際原油価格の上昇で4月の輸出入物価が同時に上がった。しかし輸出主力商品のDRAMの輸出物価は9カ月連続で下落した。

韓国銀行(韓銀)が14日に発表した「2019年4月の輸出入物価指数」によると、先月の輸出物価指数(2010年=100、韓国ウォン基準)は83.48と、前月比0.5%上昇した。輸出物価は2月から3カ月連続で上昇した。先月、韓国ウォンが前月比0.9%値下がりし、石炭および石油製品(4.6%)、化学製品(1.0%)の価格が上がった影響だ。その結果、工業製品の物価は前月比0.5%上昇した。品目別にはガソリン(10.7%)、ナフタ(6.8%)など石炭および石油製品の価格上昇が目立った。

一方、電気および電子機器の輸出物価は前月比0.7%下落した。輸出を主導した半導体の不振は続いている。主力商品のDRAMの輸出物価は前月比9.9%落ち、昨年8月から9カ月連続の下落となった。2月(マイナス6.9%)と3月(マイナス5.2%)は下落幅が縮小したが、先月また拡大した。

先月の輸入物価指数は88.91と、前月比1.5%上がった。4カ月連続の上昇だ。国際原油価格の上昇が続いて輸入物価が上がっているというのが韓銀の説明だ。ドバイ原油価格は先月平均1バレルあたり70.94ドルとなり、前月(66.94ドル)に比べて6.0%上昇した。

鉱産品価格が値上がりして先月の原材料輸入物価は前月比2.8%上昇し、石炭および石油製品価格が上がって中間財は同比1.1%上昇した。品目別には原油(6.9%)とナフタ(6.6%)、有煙炭(4.0%)などの価格が上昇し、輸入物価を引き上げた。

ウォン安の影響を除去した契約通貨基準でみると、輸出物価は前月比0.4%下落、輸入物価は同比0.7%上昇となった。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기