본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文在寅政府の経済政策に「肯定的」43%「否定的」55%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行2年に対して国民の半分が肯定的に評価していることが明らかになった。ただし、経済政策に対しては否定的評価が多かった。中央日報調査研究チームが文大統領の就任2周年(10日)を迎えて7~8日満19歳以上男女1000人を対象に主要政策と政治懸案に対する世論を調査した結果だ。

「文大統領が過去2年間、国政遂行をどう思っているか」という質問にはよくできたという評価が52.3%で、できなかったという回答は(40.2%)より12.1%ポイント多かった。職業別には自営業者の肯定的な評価(38.3%)が最も低かった。55.6%が否定的と答えた。彼らが文政府の最低賃金の引き上げと週52時間政策で苦戦している状況を反映したと見られる。地域別では湖南(ホナム)地域の肯定的な評価(74.2%)が最も多く、大邱(テグ)・慶北(キョンブク)(34.6%)が最も少なかった。

政策部門では経済政策に対する世論が最も悪かった。よくできたという回答は43.3%、できなかったという回答は54.6%だった。経済政策に対する不満も自営業者と大邱・慶北地域で最も多かった。よくできたという評価は大邱・慶北地域28.2%、自営業者32.2%にとどまった。

文在寅政府に対する支持率が高い進歩派の回答者も経済政策に対しては相対的に厳しかった。彼らの78.6%は国政遂行全般を肯定的に評価したが、経済政策には13.2%ポイント減少した65.4%だけが肯定的に答えた。明智(ミョンジ)大学のキム・ヒョンジュン教授は「2年間の全般的な国政遂行評価は回答者が考える範囲が広く、記憶や考える時点に影響を受けるため肯定的な評価が多くなる可能性がある。2年間の国政遂行調査と最近のトレンドを共に見ながら世論の動向を把握する必要がある」と話した。

最低賃金の引き上げが韓国経済に及ぼした影響に対しては否定的という回答(52.0%)が肯定的(45.8%)より多かった。また、10人中8人は過去2年間の暮らし向きが似ているか、あるいは厳しくなったと考えていることが明らかになった。「2年前に比べて暮らし向きが良くなったか」という質問に「似ている」(45.8%)、「厳しくなった」(37.2%)、「良くなった」(16.6%)の順だった。暮らし向きが厳しくなったという回答は自営業者(62.4%)が最も多く、次が主婦(41.0%)だった。

経済政策以外の政策に対する肯定的な評価は外交政策(60.5%)、対北朝鮮政策(58.5%)、積弊清算(54.1%)の順だった。積弊清算に対する否定的な評価は自由韓国党支持者(否定的85.3%)と大邱・慶北(60.5%)で最も多かった。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기