본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

アシアナ、無給休職に続き希望退職…2年分年俸を慰労金支給

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アシアナ航空

年内の売却作業完了を目標に組織のスリム化に取り組むアシアナ航空が無給休職に続き希望退職の切り札を出した。

2日のアシアナ航空関係者などの情報によると、アシアナ航空人事チームは最近イントラネットに「希望退職申請受付」の告知を掲載した。対象者は2003年12月31日以前の入社者で国内勤務の一般職、営業職、空港サービス職群のうち勤続15年以上の職員だ。希望退職の申請は今月中旬まで、退職日時は来月30日だ。

希望退職者は退職慰労金の他、子供の学資金を2年間支援する条件だ。慰労金は基本給や交通補助費などを含む2年分の年俸を計算して支給し、退職後4年以内に最大2年間子供の学資金を支援する。アシアナの課長・次長級職員のうち15年以上の職員の年俸は7000万ウォン(約667万円)~8000万ウォン水準と知られている。個人差があるが、1人当り1億ウォンから1億5000万ウォン程の慰労金が支給されるものと見られる。希望退職者のうち転職や創業を希望する場合は外部の専門機関コンサルティングも提供する計画だ。

アシアナ航空は「自助努力に全職員が参加するため無給休職に続き希望退職を施行することになった」とし、「運航など安全と直結する職種は休職や退職から除外した」と話した。

先立ってアシアナ航空は先月29日、営業および空港サービス職、運航管理職、航空エキスパート職、国内整備職のうち事務業務担当者などに無給休職を通知した。操縦士や客室乗務員、整備職は無給休職対象から除外された。無給休職期間は最短15日から最長3年だ。

アシアナ航空最大株主の錦湖(クムホ)産業は「アシアナ航空売却作業において最大限真正性を持って迅速に売却を推進し、ことし12月末まで売買契約を完了する計画」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기