본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国海軍、2028年までにイージス艦3隻追加建造

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

イージス駆逐艦「世宗大王」(中央フォト)

韓国海軍がイージス駆逐艦3隻を追加で保有する。また現在最大の島山・安昌浩(ドサン・アンチャンホ)級潜水艦(3000トン)より大きい潜水艦3隻を導入する。

防衛事業庁は30日、国防部で第120回防衛事業推進委員会を開き、広開土(クァンケド)-III Batch-II体系開発基本計画案を審議、議決した。

この事業は2028年までに3兆9000億ウォン(約3720億円)を投入して次世代イージス駆逐艦3隻を追加で導入するというものだ。米ロッキードマーチンは2016年8月、韓国海軍に次世代イージス戦闘体系を供給する契約を結んだと明らかにした。この事業が終われば海軍は世宗大王(セジョンデワン)級(7600トン)3隻に続いてイージス駆逐艦を計6隻保有することになる。

防衛事業庁は広開土-III Batch-II事業について「海洋紛争に対応し、海外平和維持活動に参加し、対空・対潜作戦能力が向上した艦艇を国内で建造する事業」と説明した。北朝鮮の核・ミサイルに対抗する核心戦力という説明は抜けた。

次世代イージス駆逐艦は対空迎撃と対弾道弾迎撃が同時に可能だ。しかし防衛事業庁は次世代イージス駆逐艦の対空ミサイル機種を選択中と伝えた。現在RIM-161(SM-3)とRIM-174ERAM(SM-6)の中で検討している。米国と日本がミサイル防衛システム(MD)に活用しているSM3を選択すれば韓国のMD編入をめぐる論争を呼ぶ可能性がある。

張保皐(チャンボゴ)-III Batch-II事業は、張保皐-III Batch-I潜水艦(島山・安昌浩級)を6センチ・450トン上回る潜水艦を2028年までに3兆4000億ウォンの予算で3隻を建造するというものだ。防衛事業庁は張保皐-III Batch-II潜水艦に鉛蓄電池の代わりにリチウム電池を搭載し、水中作戦能力と運用時間が向上すると説明した。

防衛事業庁は広開土-III Batch-II事業契約を現代重工業と、張保皐-III Batch-II事業契約を大宇造船海洋と今年それぞれ締結する計画という。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기