본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

羅卿ウォン氏「文大統領、トランプに会って北朝鮮を代弁すれば同盟破局」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表が10日、韓米首脳会談のため訪米する文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対して「今回も、トランプ大統領の元を訪れて北朝鮮の立場を代弁するようなことがあれば、非核化はもちろん、韓米同盟も破局に向かう」と警告した。

羅氏はこの日、国会で開かれた院内代表-重鎮議員連席会議に出席して「今回の会談を通して米国の考えを変えようという意図なら、むしろ逆効果になる」と述べた。

あわせて「我々に必要なのは『good enough deal(十分な合意)』ではなく『finally good deal(最終的に良い合意)』」としながら「『先に非核化・後に協力』だけが最終的に良いディール」と説明した。

韓国党の兪奇濬(ユ・ギジュン)議員も「ハノイ(米朝首脳会談)が一言で総体的決裂と判明した」とし「北朝鮮の非核化の定義と米国非核化の定義が異なるということを確認した」と指摘した。

続いて「文大統領はいわゆる『good enough deal』を話している」とし「『ディール』は両国が交渉する時、互いに交渉力のあるカードを持っている場合に該当するが、北朝鮮は非核化以外のカードがなくてディールという言葉を使うことはできない」と付け加えた。

兪氏は「米国の朝野・メディアからは韓米同盟の亀裂に対する話が出ている」とし「これ以上『韓国は北朝鮮と米国のどちらを取るのか』という質問が出てきてはいけない」と明らかにした。

一方、文大統領は金正淑(キム・ジョンスク)夫人とともに10日、トランプ大統領との首脳会談のために訪米する。1泊3日の日程で、文大統領はハノイ核合意決裂以降、膠着状態に陥っている米朝間の非核化交渉に動力を与えることに焦点を合わせる見通しだ。

文大統領と金夫人はアンドルーズ空軍基地に到着して迎賓館で一晩を過ごした後、翌日午前に迎賓館でマイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、マイク・ペンス副大統領と順に会う。

正午以降は文大統領とトランプ大統領が2時間ほど会い、非核化の解決方向をめぐり会談する予定だ。首脳会談は首脳夫妻が出席する親睦会を兼ねた単独会談と官僚・参謀が同席した拡大会談を兼ねたワーキングランチの順に行われる。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기