본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党議員「韓国国会議長が無礼だって? むしろ河野外相が無礼」

ⓒ 中央日報日本語版

共に民主党の姜昌一議員

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の天皇謝罪発言をめぐり、「極めて無礼な発言だ」と主張した河野太郎外相の発言に対して批判する韓国議員の発言が出てきた。

韓国与党「共に民主党」姜昌一(カン・チャンイル)議員は14日、CBSラジオの『キム・ヒョンジョンのニュースショー』で「他国の立法府の首長、国会議長に『無礼』という言葉を使うことができるだろうか。とても無礼な発言をした、逆に」と述べて強く河野外相を批判した。

これに先立ち、文議長は「日本を代表する首相やまもなく退位する天皇から一言あれば良い。慰安婦おばあさんたちの手を握って『本当に申し訳なかった』と言えば(問題は)きれいに解消されるはずだ」と明らかにしていた。これに対して河野外相は12日の衆議院予算委員会で「到底受け入れられるようなものでもない。非常に無礼な発言だ。(日本)政府は謝罪と撤回を求めた」と発言した。

姜議員は河野外相の発言に対して「非常に大きな失礼を犯した」とし「日本の極右勢力はどうしたら韓国を叩けるかを考えて、存在感を出そうとする人々だ。私は『言葉尻をとらえて問題にするな』と反問したい」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기