본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【中央時評】神になろうとしている韓国政府(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
以前、言論界に「3室記者」という言葉があった。出社から退社まで、担当出入処の記者室-化粧室(トイレ)-就寝室(仮眠部屋)の3カ所だけを行き来する怠慢記者を遠回しに言った表現だ。政府部署には経済失敗フレームとフェイクニュースの流通を遮断するために「疎通・広報専門担当窓口を用意して成果を広報せよ」という指示が下った。「政府発フレーム」と「本当のニュース」だけを記者に書き取らせるという意図なら恐ろしい。ありもしない権力の不正と逸脱を探すという無駄な意欲は持たずに、3室記者として飼い慣らされるがままになれという言葉だからだ。

このような絶対的無誤謬の偏狭性はどこから来るのか。「神になった政府」(キム・グァンウン著『良い政府』)という挑発的概念が興味深い。そういえばこの政府はとりわけ福音的だ。ロウソク精神、正義、公正、召命など、手でつかむこともにおいをかぐこともできない抽象的な単語を絶えず注入して大衆を洗脳する。俗世の苦痛は「転換期の陣痛」だから我慢しろという。著者であるキム・グァンウン・ソウル大名誉教授に尋ねた。

--どのように政府が神になるか。

「政府は巨大な行政組織と物的資源を独占し、法と制度の力を借りて合法的暴力と罰を加えて神のように君臨する。また、福音主義を伝播して、軟弱な人間は祈福して政府に頼るため、神という言葉を聞くほどのものになる」

--政府の神にただ服従・崇拝するべきなのか。

「自ら神の境地にあると勘違いすれば自身の無誤謬を正当化する。偽善と嘘を内在させている邪悪な神がいるように、神になった政府だからといって常に正しく信望の対象になるわけではない。マルティン・ルターがカトリック教会の腐敗に反旗を翻したように、政府を批判する自由と権利は誰にでもある」

「嘘が世界を半周したころ、真実はまだズボンを履こうとしている」と不平を言ったのは英国首相のチャーチルだ。どの社会や時代にも真意を分かろうとしない反抗的フレームとフェイクニュースが政府を困らせた。仮に意図的なフレームの歪曲やフェイクニュースだったとしよう。神になろうとする政府がそれなりに振る舞おうとするなら、抵抗の世論を理解して救援の手を差し伸べるべきだ。絶対的な無誤謬の幻想と執着から脱してしかるべきだ。画一的な枠組みや無菌を強要される社会は危険だ。

コ・デフン/首席論説委員

【中央時評】神になろうとしている韓国政府(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기