본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国文化体育観光部次官「ショートトラック代表の性暴行は衝撃…元国家代表も調査」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「報道を通じて初めて聞いた。政策担当者としてお詫び申し上げる」

9日、ソウル鍾路区(チョンノグ)政府ソウル庁舎別館で会見を開いた盧泰剛(ノ・テガン)文化体育観光部第2次官の発言は謝罪からだった。前日、ショートトラック国家代表の沈錫希(シム・ソクヒ)選手(22)がチョ・ジェボム元代表チームコーチの性暴行を追加で告訴した事実のためだった。これに先立ち、沈選手を代理している法務法人世宗(セジョン)は8日、「沈選手がチョ氏から常習的な暴行と傷害だけではなく性暴行を受けていた事実を打ち明けた」とし「苦心の末にチョ氏を追加告訴した」と明らかにした。沈選手は満17歳だった2014年から持続的に性暴行を受けていたと述べた。

盧次官は「チョ氏の常習的な性暴力の報道を聞き、このような事件を予防できず、選手をきちんと保護することができなかった政策担当者として、被害当事者や家族、国民の皆様にお詫び申し上げる」と述べた。あわせて「これまで政府と体育界がやってきた対策はいかなる効果も上げられなかった。今までの対策を全面的に再検討する考え」としながら体育界の性暴力不正根絶のための対策を発表した。文化体育観光部は体育界における性暴力加害の場合、体育関連団体従事禁止など永久除名を拡大して、体育分野の不正根絶のための民間主導の特別調査を3月まで進めることにした。また、体育団体の性暴力専門担当チームの構成と被害者保護の強化、選手村の合宿訓練改善など安定した訓練環境と予防策も用意することにした。

盧次官は「今回の事案に対して事前に認知できなかった。国民の皆様にお詫び申し上げる」と述べた。あわせて「体育界の閉鎖的な構造のせいで、特定被害者が勇気を出さなければ外部が知り得なかったのは事実」と付け加えた。盧次官は「今回の事案が深刻なのは、国家代表訓練施設で起きたという事実だ。国家代表選手村内で訓練をする場合、選手に対する管理システムを全面的に再点検する」と話した。

国家代表選手に対する全数調査に関連して盧次官は「元・現職国家代表は全員含まれる。選手が勇気を出して情報提供をしてくれればそれも含めて調査を進める」と説明した。盧次官は「スポーツ選手が野蛮な状況にさらされないように政府は可能なすべての手段を動員する。しかし国民の積極的な助けも訴えたい。このような状況で選手の勇気ある参加もお願いしたい」と付け加えた。あわせて「体育界の視点ではなく、これからは一般国民、市民団体の視点で制度を運営していきたい。TF(タスクフォース、作業部会)を通じてあらゆる事を詳細に調べていく考えだ」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기