본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国海軍参謀総長「いかなる偶発状況にも国際法に則り直ちに対応・終結を」

ⓒ 中央日報日本語版

シム・スンソプ海軍参謀総長

シム・スンソプ韓国海軍参謀総長が7日、韓国東海(トンへ、日本名・日本海)を管轄する海軍第1艦隊司令部を訪問して新年に軍事対備態勢の現場を点検した。

シム総長はこの日午前、第1艦隊司令部を訪問して「すべての諸隊は外国艦艇・航空機遭遇など海洋で発生し得るいかなる偶発状況にも作戦例規や規定、国際法に則り即刻に対応し、現場で作戦を終結させなければならない」と呼びかけた。

また「すべての艦艇は作戦を遂行しながら様々な状況を同時に管理できるように能力を備えて作戦の完全性を保障しなければならない」とし「海軍のレベルでも艦艇が最上の戦闘能力を発揮することができるように兵器体系を持続的に発展させていく」とも述べた。

また、シム総長は「指揮官から水兵まで精神的対備態勢を構築し、いかなる状況にも毅然と対処する一方で、必要な時は少しも躊躇せず断固として対応し、海洋主権を死守して国民の生命と財産を保護する本来の任務を全うする必要がある」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기