본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の扇風機おばさん、享年57歳で死去…悲しみ誘う整形前の姿

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

「扇風機おばさん」と呼ばれていたハン・ヘギョンさんが、今月15日に享年57歳で生涯を閉じたという便りが伝えられる中、ハンさんの整形前の写真が悲しみを誘っている。(写真=KBS放送のキャプチャ)

韓国で「扇風機おばさん」と呼ばれていたハン・ヘギョンさんが享年57歳で生涯を閉じたという便りが伝えられる中、ハンさんの整形前の写真が悲しみを誘っている。

17日、病院側によると、ハンさんは15日になくなり、家族がソウル道峰区(トボング)ハニル病院で静かに葬儀を行った後、この日午前出棺を終えた。死因は明らかにされなかった。

若い頃、歌手が夢だったハンさんは、整形の副作用に苦しむ前は優れた美貌を誇っていた。過去、ある放送に出演したハンさんは美しかった過去写真を公開したことがある。

ハンさんはさらに美しくなりたい一心で不法手術を受けて顔にシリコンを入れ始めた。顔にメスを入れる回数が増え、自分であごにダイズ油やパラフィン、工業用シリコンなどを注入したこともある。結局、副作用のためハンさんの顔は大きく膨らみ、精神も病むようになった。

そのうち2004年SBS(ソウル放送)の番組『世の中にこんなこと』で初めて紹介されて人々に知られるようになり、「扇風機おばさん」というニックネームを得た。その後、ハンさんは治療やリハビリを通じて日常回復に努めていたという。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기