본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

慰安婦被害者キム・スンオクさん死去…生存者26人に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

キム・スンオクさん(写真=広州「ナムヌの家」提供)

旧日本軍による慰安婦被害者キム・スンオクさんが死去した。享年97歳。

5日、広州(クァンジュ)ナムヌの家はこの日午前9時5分、キムさんが亡くなったことを伝えた。これで慰安婦被害者の中で生存者は計26人に減った。

幼いころから家政婦、乳母の仕事をしてきたキムさんは20歳に工場に就職できるという言葉にだまされ、中国黒龍江省「石門子」慰安所に連れ去られて被害にあった。

解放以降、中国に定着して2005年に大韓民国国籍を回復した後、ナムヌの家に入所、慰安婦問題を知らせることに力を注いできた。

日本政府を対象にした慰謝料支給民事調整申請、少女像に「竹島の碑」を設置した鈴木信行氏の訴訟参加、慰安婦被害者を侮辱した日本のロックバンド「桜乱舞流」訴訟参加、慰安婦被害者を売春婦と表現した『帝国の慰安婦』の著者、世宗(セジョン)大学の朴裕河(パク・ユハ)教授の訴訟参加などで被害者の名誉回復のために努力した。

葬儀室はソウル牙山(アサン)病院に用意されている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기